絶世の美女=モテ子とは限らない! 凡顔モテ子の共通点3つ




特別かわいい愛されフェイスの持ち主だったり、キレイでクールなセクシーフェイスの持ち主こそが“モテ子”に必要なもの――そんなふうに思っているなら、それは“安易な発想”というもの。
だって、別に特段絶世の美女というわけではなくても、ばっちりモテている女性はこの世にごまんといるわけですから!
そして、彼女たちの共通点は“何事に対してもマメ”で“当たり前のことをサボらない”というところにあります。

“当たり前”の基準は高く、サボらない

肌がキレイな人に「あなたの肌って、とてもキレイだけどどんなスペシャルなスキンケアをしているの?」と質問すると、かなりの確率で「普通のケアしかしていないよ」という返答が返ってくるのです。
このような会話をした経験のある人も少なくないのではないかと思いますが、彼女たちはけっしてイジワルをして教えてくれないわけではないんです。ただ単に、“普通”の基準が高いだけなのです。
寝る前にはメイクを丁寧に落とし、泡洗顔をし、美容液・化粧水・乳液・クリームまでを丁寧に塗布するまでが彼女たちの普通。なんならそこにフェイスマッサージを加えるまでがデフォルトだという人もいるくらいです。
普通の基準というのは人によってまちまちだとは思いますが、美肌美人たちは決まって普通のスキンケアの基準がわりと高い。でもそれを当たり前のこととしているので、サボることもない――。
そしてそれは、モテ子が考える“当たり前”の基準値においても同じことが言えるんです。それでは、モテ子たちの共通点からマネできそうで、かつ比較的簡単に自分の生活に取り入れられそうな部分を確認してみることにしましょう。

モテ子流の“当たり前”を取り入れよう

(1)分け隔てのない笑顔を意識する



気になる男性のことを無意識のうちに贔屓してしまいそうになる気持ちもわかるのですが、お目当ての男性にしか目を向けない女性と、誰にでも分け隔てなく笑顔で接することができる女性なら、どちらが“感じが良い”女性でしょうか。考える余地もなく後者ですよね?

(2)身だしなみと持ち物が整っている



結婚適齢期の大人女子にとって“整っていること”は、かなりポイントが高くなる、いわば重要事項です。なぜなら、まわりにいる男性もまた結婚適齢期の人ばかりだからです。
服のシワはどうか、ハンカチにアイロンはかかっているか……そういう小さなところにも抜かりがないのがモテ子なのです。

(3)自分以外に興味を持つこと



会話をしているときに、興味がないことだからと適当な相槌を打っているなんてことはありませんか? 皆さまはリアクションの薄い相手と会話をして「楽しい! もっと話したい」と思うでしょうか? コミュニケーションをとるときには、相手や相手の話に興味を持つこと。その上でリアクションや返答を考えて話せる女性は、“お高くとまっている”美人にも勝ります。

まとめ

「私は顔が普通だから、そんなにモテないんだ」とか「外見に自信がないから、高望みはできないよね」なんていうのはナンセンス! だって“当たり前のことをサボらない”ことこそが、モテに繋がってくるのですから。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス