ちょっと意識するだけ!カレにとって素敵な彼女になれる方法4つ!

カナウ

2018/8/12 21:00


ちょっと意識するだけ!カレにとって素敵な彼女になれる方法4つ!

カレに自慢してもらえるような素敵な彼女になりたいけど、「素敵な彼女」になるのってちょっと難しそう……。そんな風に思ってはいませんか?

でも、そんなことはありません! むしろ男子って、彼女の必死の努力が重荷に感じてしまうものなので、「ちょっと意識する」くらいがちょうどいい。

そこで今回は「ちょっと意識するだけ! カレにとって素敵な彼女になれる方法4つ!」をご紹介したいと思います。

1.プラスの一言を最後に添える


デートのあとの「バイバイ」のあと、眠る前の「おやすみ」のあと、最後にプラスの一言を加えてみてください。

人って、最後の最後に聞いた言葉ほど強い印象を受けるもの。「バイバイ。またデートしようね」「おやすみ。大好きだよ」など、最後の最後に一言を付け加えるだけで、カレはあなたと過ごした今日という日が「いい一日だった」と強く感じるはず。

気の利いた言葉を言う必要なんてありません。ちょっとした一言をプラスするだけで、充分!

「いい一日だった」と思わせてくれるあなたは、カレにとって間違いなく「素敵な彼女」です。

2.連絡は頻繁にしない


どれだけカレのことが好きであっても、連絡を頻繁にしているようであればカレにとって「素敵な彼女」にはなれません。

カレにとっての世界はあなただけではありません。仕事もあるし、友達付き合いもあるし、もちろん一人の時間だって大切。

あなたからの連絡が頻繁にきてしまえば、あなたがカレの世界を邪魔しているのと同じことになってしまいます。

女子って、どんなときも自分のことを考えていてほしいとカレに望んでしまいがちですが、カレにとって「素敵な彼女」になりたいのであれば、あなたのことを忘れる時間がカレにも必要であることを忘れないでくださいね。

3.頑張りすぎない


カレにもっと好きになってもらいたいからといって、頑張りすぎてはダメ。あなたが頑張れば頑張るほどカレは疲れていってしまいます。

カレは彼女という存在に「癒し」を求めています。その「癒し」であるあなたが頑張りすぎてはカレの気持ちが休まりませんよね?

カレのために料理教室へ通ったり、カレのために綺麗になりたいとヨガへ行ったりするのがいいことだと女子は思いがちですが、男子はそんなことあまり望んでいません。

あなたがあなたらしく自然体でいてくれれば、カレは充分幸せだし、それこそがカレにとって最大の癒しになるんですよね。

「素敵な彼女」になるためには頑張りすぎないことが大切です。

4.上手なケンカをする


素敵な彼女になりたいからといってカレとケンカをしないのは逆に不自然なので、カレとケンカはすべし。ただし、「上手なケンカ」ができるように、ちょっと意識してみてください。

「上手なケンカ」とは、言いたいことを我慢することでも、無理やり自分を納得させてケンカを終わらせることでもありません。

「上手なケンカ」とは、どれだけケンカがヒートアップしたとしても、「カレの人格否定を絶対にしない」ということです。

女子は感情的な生き物なので、本来解決しなければいけない問題からどんどん話しが逸れ、最終的にカレの人格否定をしてしまう人が多いもの。ですが、素敵な彼女になりたいと思うのであれは、それだけは絶対にしないようにしてください。

ケンカは二人の関係をもっとよくするためにするものであって、二人の関係を悪化あせるためにするものではありません。

ケンカが上手にできる女は、カレにとって間違いなく「素敵な彼女」になります。

まとめ


いかがでしたか? ちょっとした意識をプラスするのって、相手を思いやる気持ちと同じことなんですよね。

あなたが「素敵な彼女になりたい」と思っているということは、あなたがすでにカレを思いやっているという、一つの証拠。

これからもお互いに思いやりを持ち合って、素敵なカップルになってくださいね!

(ライター/遠矢晶子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス