ASKA 剣道四段に合格!高3以来の昇段審査 亀田興毅との“男の約束”果たし「よかった」

 歌手のASKA(60)が12日、故郷・福岡で約40年ぶりに剣道の昇段審査を受け、四段に合格した。自身のブログで報告した。昇段審査を受けるのは高校時代に三段を取得して以来。

 「まーたく、緊張はありませんでした。たくさんの応援、ありがとうございました。何よりも、興毅との約束を果たせてよかった」

 昨年10月、ボクシング元3階級世界王者の亀田興毅(31)と番組収録で知り合って親しくなり、年末に食事をした時、ASKAが「興毅が復帰するなら、オレは剣道4段を取る」と提案。元日から剣道の稽古を始め、背中を押された亀田は5月に“現役復帰”した。

 今年7月、スポニチ本紙のインタビューに「興毅との男の約束ですからね。今月はかなり密度を濃く練習している。空いている時に全部(道場に)行っている」と明かしていた。

あなたにおすすめ