【TRDハイエース】オフとレーシングをミックスしたエアロ/スポーツなのに「乗り心地もいいサス」が見もの

clicccar

2018/8/12 19:23


現行200系のハイエースは発売から14年を経過していますが、人気の落ちる気配は全くありません。

そんな人気の商用車にTRDがラインナップしているパーツを紹介します。

フロントスポイラー(LED付)は空力改善を優先した造形ですが、中央下部にはアンダーガードパーツが備わったり、LED高輝度フォグランプが組み込まれたりしています。
これはアメリカなどでのハイスピードオフローダーの流行要素なのですが、TRDはこれをうまくハイエースに落とし込みました。

サイドスカートVer.2は地上高がオリジナルより約25mmダウンする、ごつい造形。これまたオフロードテイストのものです。

リヤバンパースポイラーはオリジナルより約3mmダウン、全長約3mmプラスするエアロです。

メンバーブレースセットは標準ボディ2WD車に装着するもの。サスペンションの取り付け剛性を上げて足回りの動きをスムーズにします。

ショックアブソーバーセットはTRDの豊富な競技経験をフィードバックしたもの。単筒式構造を採用し、スポーツ性を上げるのはもちろん、乗り心地の改善にも役立っています。

15インチアルミホイールのTRD TF7Aとタイヤ(グッドイヤーEAGLE#1 ナスカー)はセット販売されます。ハイエースにアメリカンな雰囲気は意外なほど似合います。

専用のスポーツシートも設定されました。

運転席、助手席ともに片側アームレスト付き。ハイエースに乗る方は長時間乗車されるケースも多いでしょうから、かなり嬉しいアイテムです。
(写真・動画・文/ウナ丼)

https://www.youtube.com/watch?v=uEUi5RE_S8U

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ