Suchmosはなぜ心地よいのか? CM曲「808」を徹底分析

UtaTen

2018/8/12 17:01

タイアップ、販売形式について



2/11(月)から全国の各局ラジオにてオンエアされ、2/15にリリースされた配信限定シングル「808」。

「STAY TUNE」に続き、2度目のホンダ“VEZEL”のCM曲としてタイアップが決まった。

CMに出てくる車のナンバーも808になっている。私はSpotifyにてダウンロードし、じっくりと聴いてみた。

音楽性について



これまではジャズやソウルを組み合わせたロックの色が強く、ホーンやギター&ベースが際立つアレンジ、グルーヴィな楽曲が多かった。

今作はディスコ・ファンク調の1曲になっていて、一度聴けばSuchmosらしいと感じるが同時に新しさも感じさせられる。

イントロのキーボードや、16符をベースにしたリズムギターなどは特にディスコ感がある。

さらにこれまでの代表曲はミドルテンポがほとんどで、横ノリで楽しむ楽曲が多かったので、踊りやすい曲調になっていることにも注目したい。

歌詞について



タイアップ用で作成されたのか、サビが何度も繰り返されるシンプルな曲であるが、サビの“everything is everywhere”=「すべてがどこにでもいる」の意味が気になるだろう。

彼らは他の曲や雑誌のインタビューなどで「まわりと同じような行動しようとする人間」に対し嫌悪感を抱いているような発言をしている。

例えば「TOBACCO」の“実際誰もがそう 言いなりなら簡単だって”“有能奴隷根性”だったり、「STAY TUNE」の“ブランド着てるやつ もうgood night”“広くて浅いやつ もうgood night”などである。

今まではストレートに書いていたが、今回は英語にすることで扇情的な表現を避けているようだ。

言いたいことがブレない彼らなので、マンネリしないように変化をつけたいという意図と、ここ最近のライブで海外でも活躍したいと宣言しているように、そのあたりも意識しているのかもしれない。

まとめ



新曲「808」について、音楽性と歌詞から考察してみた。

タイアップということでいろいろな縛りがあったかもしれないが、Suchmosらしさはそのままに、新たに引き出しが増えたような印象を受けた。

TEXT:佐古 麻美(@名古屋)

あなたにおすすめ