謎の人型「未確認生物」がヘラジカを狙う瞬間をカメラが捉えた!

まいじつ

2018/8/12 19:30


カナダのケベック州で人型生物がムース(ヘラジカ)を付け狙っているところが動画撮影され、UMA(未確認動物)マニアが盛り上がっている。



動画をチェックすると、道路に1頭のヘラジカがいる。地面に落ちているエサをあさっているようだ。その背後の森の中に体長5フィート(180センチ)ほどの細身の人型生物がウロウロしている。全身真っ白で、のっぺらぼうのように顔がないようだ。

「あしたのジョー」のノーガード戦法のように両腕を体の前でぶらりとしながら、ヘラジカの後ろににじり寄っているようにも見える。

オードリー・フレチェットという女性が道路の反対側に停めていた車から撮影し、ユーチューブにアップしたところ、オカルトファンが大喜び。

「映画『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムみたいだ」「ヘラジカとバックでセックスしようとしている変態か」

そんな声も上がったが、UMAマニアにとっては、かなり貴重な映像のようだ。

カナダに出没する伝説の人型UMA


UMAマニアは「レイクというモンスターにそっくりです。カナダではビッグフット、サスカッチ、イエティと並ぶ伝説の獣人UMAです。ビッグフットが毛むくじゃらで筋肉質のごついモンスターだとしたら、レイクは無毛で細身。神出鬼没の怪人といったところです。カナダの伝説によると、レイクは犬の特徴を持つ人型生物で、野蛮な獣です。長いナイフのような指で人や動物を襲うとされています」と語る。

動画の人型生物はヘラジカを襲おうとしているのだろうか。

【画像】

aleks1949 / Shutterstock

あなたにおすすめ