スカパラ『RISING SUN ROCK FESTIVAL2018』で大トリ “歌モノ”コラボの豪華メンバー集結

8月10日、11日と北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』で最終日に東京スカパラダイスオーケストラが登場、SUN STAGEでトリを務めた。

東京スカパラダイスオーケストラは、インストナンバーはもちろんながらボーカルをフィーチャーした「歌モノ」の名演も多い。この日はアーティストをボーカルに迎えて「歌モノ」コラボ曲を多数披露している。

一時期サポートメンバーとしてスカパラのライブに参加していた中村達也(元BLANKEY JET CITY)のドラムをフィーチャーしたナンバーで盛り上がり、『美しく燃える森』(ボーカル・奥田民生)で「歌モノ」コラボに突入した。

時折インストを織り交ぜながら『カナリヤ鳴く空』(ボーカル・チバユウスケ/The Birthday)や『流れゆく世界の中で』(ボーカル・キヨサク/MONGOL800)、『野望なき野郎どもへ』(ボーカル・TOSHI-LOW/BRAHMAN)、『追憶のライラック』(ボーカル・永積タカシ/ハナレグミ)、『星降る夜に』(ボーカル・甲本ヒロト/ザ・クロマニヨンズ)と続いてヒートアップする。

さらに『爆音ラブソング』(ボーカル・尾崎世界観/クリープハイプ)、『白と黒のモントゥーノ』(ボーカル・斎藤宏介/UNION SQUARE GADEN)そしてドラマでも活躍中の峯田和伸(銀杏BOYZ)が『ちえのわ』と『めくれたオレンジ』(オリジナルのボーカルは田島貴男/ORIGINAL LOVE)を披露した。

ラスト2曲は、おなじみのインストナンバー『DOWN BEAT STOMP』、『Paradise Has No Border』で会場と一体となる大トリにふさわしいステージとなった。

スカパラの谷中敦はSNSで「ライジング20年間皆勤賞のただ一人のミュージシャン中村達也! ライブの冒頭のスカパラ茂木欣一とのドラムソロバトルからの二曲、圧巻でした」「尾崎くんは『爆音ラブソング』をとっても丁寧に、でも激しく歌ってくれました。凄かった。俺は本気で感動しました」「豪華ゲストでお祝いしたライジングの20周年。感動以外、ない。時代を噛み締めながら迎えた夜明けは至宝でした」と振り返っている。

画像は『谷中敦[東京スカパラダイスオーケストラ] 2018年8月12日付Instagram「『火の玉ジャイブ』『スキャラバン』」「この面子有り得ない。」「スカパラRISING SUN ROCK FESTIVAL2018大トリ終了。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ