自分の部屋が物置に… 久しぶりの帰省を実感すること

ヒトメボ

2018/8/12 18:00

お盆や年末年始に毎年帰省している人もいれば、実家には滅多に帰らない人もいますよね。特に何年も帰っていなかった実家に久しぶりに帰省すると、知らない人の家のように感じることも。久しぶりの帰省を実感する瞬間について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

飲み屋で同郷の人と意気投合?上京者が地元を恋しく思うきっかけ

●歓迎ムードがすごい
「普段あまり実家に帰らないせいか、たまに帰省するとものすごく歓迎されます。実の息子だから別に気を使わなくてもいいのに、実家にいた頃には見たこともないようなご馳走が出てきて、滅多に帰っていないのが申し訳なくなります……」(埼玉・36歳男性)

帰省から数日経てば普段通りになるものの、初日はむしろソワソワしてしまうくらいに至れり尽くせりで、以前は実家でどうやって過ごしていたのか思い出せなくなりそうな気がします。

●自分の部屋が物置になっている
「上京して一人暮らしを始めて以来、ほとんど実家に帰らず生活していたのですが、久しぶりに気が向いて帰省してみたら、僕の部屋がありませんでした。いつの間にか僕が高校時代まで使っていたベッドや学習机はすべて処分され、部屋には代わりに山のような荷物が……。どうりでリビングが綺麗になっていると思いました……(笑)」(東京・28歳男性)

物置になっていたり、甥っ子姪っ子の部屋になっていたり、ペットの部屋になっていたり……。新しい使われ方のパターンはいくつかありますが、自分のものではなくなった部屋を見て、感傷に浸ることも。

●知らない情報が大量に更新される
「何年も実家に帰っていないと、地元でもいろんな出来事が起こるので、毎回久しぶりに帰ったときの情報量がすごいです。正直ほとんど興味はないんですが……(笑)、母親の世間話を聞いていると、実家に帰って来たなという気持ちになります」(東京・45歳女性)

前回の帰省からの期間が長ければ長いほど、地元で起こった出来事も多くなるもの。小中学校時代の同級生の近況には、地元にいる親のほうが詳しかったりしますよね。

●ペットが増えている
「就職を機に家を出てから一度も帰っていなかった実家に久しぶりに帰省したら、リビングに知らない犬が……。普段あまり連絡も取り合わないのですが、そういう重要事項に関する報連相がないのが我が家らしいなと思いました(笑)」(愛知・26歳女性)

久しぶりに帰省する自分よりも家に馴染んだ新しいペットが、我が物顔で過ごしていたりします。実家で過ごした年数の長さでは負けていないはずなのに、大抵の場合ペットからは新人扱いされます。

●他人の家の匂いがする
「久しぶりに実家に帰ると、家に入ったときに人の家の匂いがして、長く実家に帰っていなかったんだなと思います。すぐに慣れますが、慣れるまでは知らない家みたいで変な感じがします」(大阪・32歳女性)

ずっと住んでいると鼻が慣れてわからなくなる家の匂いも、久しぶりの帰省の際には気づきます。自分の家ってこんな匂いだったんだ……と、長く家を離れて初めて知ることもありますよね。

たまには帰省しなくてはと思いつつ、忙しくてなかなか実家には帰っていないという人もいるかもしれませんが、久しぶりに実家に帰るとなんだかほっとすることもありますよね。帰省した際、久しぶりに実家に帰ってきたなと感じるのはどんなときですか?

(ヒトメボ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス