トイレのニオイはお酢スプレーで撃退! 家の中に発生する嫌なニオイを消す方法

レタスクラブ

2018/8/12 16:30

外から帰ってきたときに、家の中のニオイが気になったことはありませんか? 玄関やリビング、浴室など、場所によって発生する悪臭の種類は違います。ニオイの原因や特徴を把握して、効果的に消臭していきましょう。

■ 家の中で発生する嫌なニオイの対処法

以前放送された「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、家の中で発生する嫌なニオイの対処法を特集。たばこやカビなどニオイの原因を探り、家庭内にあるアイテムでニオイを撃退していきました。

嫌なニオイは大きく分けて、酸性臭、アルカリ臭、中性臭の3種類に分けられます。酸性臭は主に靴や靴箱から発生するもの。靴の中にアルミホイルを丸めて入れたり、靴の間に木炭を置くことでニオイを消すことができます。ニオイの元となる菌は湿気を好むため、靴箱の棚に湿気を吸収する新聞紙を敷くのも効果的ですよ。

アルカリ臭が発生するのは、菌が潜みやすいトイレ。ニオイ対策はしっかりとした拭き掃除が基本になります。アルカリ臭を中和するためには、お酢と水を1対4の割合で混ぜたお酢スプレーがおススメ。ニオイの気になる部分にスプレーしてから拭き取りましょう。お酢スプレーは魚を焼いた後のグリルにも効果があり、実践している人からは「嫌なニオイがすぐに消える」「作り方も簡単だし重宝してます」「匂う! と思ったら即スプレーが習慣」と好評のよう。

最後の中性臭は、浴槽のカビから生まれるニオイ。カビはエタノール消毒液で除菌できますが、色素まで落とすには高温シャワーと冷水シャワーを使いましょう。お風呂上りに高温シャワーでシャンプーなどを洗い流し、流し終わったらまんべんなく冷水シャワーで仕上げ。こうすることで細菌の繁殖を防ぐことが可能です。

■ タバコのニオイを消す方法

日常に潜むニオイで、もっとも厄介なのがタバコのニオイ。タバコにはアンモニアなど悪臭のもとになる添加物が多く含まれているうえ、煙となって広がるため部屋全体にニオイが染みつきます。

消臭スプレーなどを開発する「P&G」の公式サイトでは、タバコのニオイを消すためのポイントが解説されています。部屋の中にいつまでも残っているタバコのニオイは、壁紙やカーテンが原因かも。拭き掃除や洗濯を徹底して、ニオイを取り除いていきましょう。頻繁に喫煙する場合は、空気清浄機で煙を残さない工夫も大切です。

車の中に漂うニオイは、徹底的な拭き掃除で対策。シートやダッシュボード、天井に至るまで、拭けるところはすべて拭いてきれいにしてください。窓ガラスの内側も、ガラスクリーナーを使ってピカピカに。拭き終わったら窓やドアを開放して、湿気が残らないよう乾燥させます。

普段から清潔にしておけば、嫌なニオイも発生しづらくなるはず。対処法を覚えて、空気までキレイな家を保ちたいですね。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/156532/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス