ふるさと納税でオオグソクムシやEXILEグッズをくれる自治体って…返礼品がブッ飛んでる

日刊SPA!

2018/8/12 15:50



“ふるさと納税がお得”と言われて久しい。所得税や住民税の控除が受けられるだけでなく、そのお礼として特産品や特典がもらえるメリットがある。近年ではカニやイクラなどの魚介類やブランド和牛、銘柄米など、高級品が受け取れる自治体も増えてきた。

とはいえ、全国の自治体で高級路線が進むなかで、「なぜこれが!?」というパンチの効いた返礼品ならぬ“変礼品”も存在している。今回は、SNSで納税者のツイートが話題になった自治体と、そのユニークな返礼品を紹介しよう。

◆静岡県焼津市「オオグソクムシ」

近年、ダンゴムシのような“キモカワイイ”見た目でプチブームとなっている深海生物オオグソクムシ。水産物が豊富で返礼品の品数日本一の焼津市では、駿河湾で穫れたオオグソクムシ2匹が生きたままクール便で送られてくるとのことで、Twitterで大きな話題になった。オオグソクムシを返礼品にした経緯とは。静岡県焼津市役所を直撃してみた。

そもそもオオグソクムシとは、日本の本州中部以南の水深150~600メートルほどの深海底や、大陸棚に分布している深海生物。ダンゴムシやフナムシの仲間である等脚類で、体長は10~15センチメートルほど。水産部ふるさと納税課の太田氏がこう話す。

「見た目がグロテスクで非常に貪欲。網にかかった魚を食い荒らすことがあるので、漁師からは嫌われていました。ですが、焼津で全国的にも珍しい深海漁を専門とする長谷川さんという漁師の方がおり、深海ブームのおりにこのユニークな生き物を水産資源として活用できないかという提案があったため、平成26年度から盛り上がりつつあったふるさと納税の返礼品にラインナップさせたところ、SNSで話題となりました」

そんなオオグソクムシを生きたままクール便で送っているのは本当なのか……?

「深海生物のため、夏・秋の間は水温、気温が高く、漁獲してもすぐ死んでしまうため、返礼品としてはおよそ12月~4月くらいまでとし、あくまで“観賞用”として寄附者の方にお送りしています。子どものいる寄附者の方から注文が入ることが多いですが、なかには深海生物マニアの方から注文が入ることもあり、ブログなどで紹介してもらえるケースもあります」

観賞用とのことだが、とはいえ、実際に食べることも可能。現在は、オオグソクムシが練り込まれたせんべい「焼津 長兼丸 オオグソクムシせんべい」が15000円以上の寄附でもらえるようだ。さておき、お味のほうは……。

「実物は、筋肉部分がエビとシャコの中間のような味、またはエビやカニに似た味といわれていますが、食用可能な部分は少量。味は美味だが、殻が固く身も少ないので、粉末にしてせんべいにするのがベスト。“エビせん”みたいな味がしますよ」

◆埼玉県行田市「土偶」

埼玉県行田市は「中遮光器土偶」など、土偶や埴輪(のレプリカ)がもらえることで話題になっている。非常にシュールなアイテムだが、一体なぜ……。そこで、行田市に問い合わせてみたところ、行田市は前方後円墳の二子山古墳や円墳の丸墓山古墳など、東日本最大級の「埼玉古墳群」が有名で、埴輪や土器が出土するらしい。

総合政策部企画政策課の吉野氏によると、2016年9月に「古墳の街」をPRし、地元商店街を応援する狙いから土偶を返礼品に指定。昨年末、返礼品を受け取った納税者の投稿が広く拡散され、一時期は製造が追いつかないほどの人気になったそうだ。

今年は、発掘現場に便利な軍手や保冷剤、もはや用途がなんだかよくわからない土偶ペンライトなどのオリジナルグッズと、9月2日まで東京国立博物館で開催されている“縄文の美”をテーマにした特別展『縄文-1万年の美の鼓動』の前売券がセットで提供され、これまた「尖っている!」とネット民たちの心を掴んだ。

吉野氏は「寄附者様のツイートが予想外の反響を呼び、大変驚いています」とうれしい悲鳴をあげつつ、「これをきっかけに、行田の歴史などに興味をもっていただき、さきたま古墳群や忍城址のほか、日本遺産の構成資産である足袋蔵などが点在し、歴史が息づくまち行田に足を運んでいただければと思います」と話した。

◆東京都目黒区「EXILEグッズ」

近年では海外メーカーのものなど、地元と縁もゆかりもない返礼品を出す自治体も散見されたが、4月1日に総務省から「ふるさと納税の返礼品は原則として地場産品にするように」との通知が各都道府県に出された。とはいえ、そもそも地場産品の少ない都内では、税収減に悩む自治体も……。そんななか、目黒区は「EXILEグッズ」をふるさと納税の返礼品に追加したことを発表。

目黒区でなぜEXILE……と思われる方も多いかもしれないが、所属事務所のLDH JAPANは中目黒に本社を構え、なかには目黒区に住んでいるメンバーもいるらしい。また、同社が運営するダンススタジオや飲食店、アパレルショップなども存在しており、ファンにとっては“聖地”とも呼ばれているらしい。

これらの関連するショップで使える招待券や、Tシャツ、バッグ、文具などが返礼品に加わり、8月から選べるようになった。若者を中心にネット上では歓喜の声があがっている。

さて、なにかと話題のふるさと納税だが、ポータルサイトをのぞいてみれば、高級品はもちろん、ほかにもユニークな返礼品が数多くあることに驚く。今後はどのようなアイテムが登場するのか。注目していきたい。<取材・文/藤井敦年>

あなたにおすすめ