【BMW X2試乗】「スポーツ・アクティビティ・クーペ」を名乗るにふさわしい軽快なフットワークが魅力

clicccar

2018/8/12 16:03


X4やX6と同じように、「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」を名乗るBMW X2。パワーユニットは「sDrive18i(FF)」向けが140ps/220Nmの1.5L直列3気筒DOHC、今回試乗した192ps/280Nmの「xDrive20i(4WD)」向けは、2.0Lの直列4気筒DOHCツインスクロールターボが搭載されています。

トランスミッションは、前者が7速DCT、後者には8速ATが組み合わされています。なお、両エンジンともに、BMW X1に積まれているものと同じで、スペックも同値。

試乗したのは「X2 xDrive20i M Sport X」。「M Sport X」はX2から導入された新グレード。専用デザインのディフューザーやリヤバンパー、テールゲートのデザインを新たにし、直径90mmの大型エキゾーストテールパイプ、専用19インチのアルミホイールなどが組み合わされています。「M Sport」をさらにスポーティに、加えてSUVならではの力強さを強調したグレードになります。

試乗車は、さらにオプションの20インチタイヤ&アルミホイールが装着されていて、迫力満点の見た目が得られている一方、乗り心地はかなり硬め。19インチ装着車に乗れていないので断言できませんが、20インチは少しオーバースペックに感じました。

2.0Lエンジンは、過不足ないパワー感。8速スポーツATのスムーズかつダイレクト感も抱かせる秀逸なトランスミッションのフォローもあり、勾配が続くシーンでは、パドルシフトを操作してシフトアップ、ダウンをすれば意のままの加速、減速感を容易に引き出せます。さらに、「SPORT」モードに入れることで、より元気な走りも可能。

X1と比べると、全長が80mm短く、全高も75mmも低くなっていることもあり、「スポーツ・アクティビティ・クーペ」を名乗るにふさわしい軽快なフットワークが得られています。コーナーでも姿勢変化が比較的小さく、ボディマスの小ささもあって、まさにSUVとクーペの中間といえる乗り味。

FRベースのX3などと比べると、旋回性の高さでは及ばないものの、舵角が小さい範囲であればFFとしては十分に曲がってくれますし、低速域からBMWらしいハンドリングは十分に味わえます。

(文/塚田勝弘 写真/本間章悟)

【関連記事】

【BMW X2試乗】クーペ風クロスオーバーSUVでも居住性、積載性に抜かりなし
https://clicccar.com/2018/08/12/616947/

あなたにおすすめ