次のお誘いが来ない…は防げる! 初デートで失敗しない3つのポイント

fumumu

2018/8/12 16:00


今度の交際を左右する初デートを失敗してしまい、意中の彼の本命から外れてしまった経験がある女子もいるはず。

初デートでどんなことをしたら男子の本命から外れてしまったのでしょうか?

fumumu取材班は初デートで本命から外れた経験のある女子に聞いた敗因から、失敗しないためのポイントを探ります。

(1)自己開示しすぎない


「向こうの方が積極的に近づいてきてたのに、元カレとのデートの話や元カレとの同棲の思い出話をしたら、明らかに相手の表情が暗くなり、初デート以降相手から連絡はきてない」(20代・女性)

「彼にもっと自分のことを知ってもらおうと、彼の話を聞くよりもたくさん自分の話をしすぎたせいで、彼が男友達に『あの子たぶんコミュ症系。俺ムリ』と相談したのを風の噂で聞いてしまった」(30代・女性)

初デートで自分の情報をたくさん出すのではなく、ほのめかすくらいがいいかもしれないですね。

(2)緊張してお酒を飲み過ぎない


「緊張からお酒がすすんでしまい、トイレで吐いてメイクはボロボロ…。相手に介抱され最後はタクシーに放り込まれるという苦い思い出が。もちろん交際には発展しませんでした」(20代・女性)

「お酒を飲み過ぎで理性が麻痺し、雰囲気任せにエッチしたら彼女じゃなく身体だけの関係になった」(30代・女性)

デートで緊張しちゃうのはわかります。でも、お酒で無理に緊張を和らげようとすると、相手に迷惑をかけてしまう可能性もあるので要注意です。

(3)男の見せ場を奪わない


「『俺が払うからいいよ』という好意を阻止し『いや、割り勘にしよう!』と無理やり割り勘に。相手からパタリと連絡がなくなったので、友人に相談したところ、無理に割り勘にして男の見せ場的なのを奪ってしまったのが問題では?と」(20代・女性)

「彼がトイレに行っている間にお会計を済ませたら、ものすごくびっくりされた。私の方が彼より年上だし、出した方がいいのかな? という気遣いは不要だったらしい」(30代・女性)

デートで必ず出てくるお会計問題。初デートで彼が奢ると言ってくれたのなら無理に割り勘にせず、甘えてしまった方がいいかもしれません。ただ、お礼は忘れずにしましょう。

・合わせて読みたい→「奢る気だったけど…」男子が奢るのを考え直す女子の3つの特徴

(文/fumumu編集部・美佳)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス