西川史子の女子減点「当たり前」発言にテリー伊藤がダメ出し


女医でタレントの西川史子が12日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)に生出演。東京医科大が女子受験者の得点を一律減点していた問題で「当たり前」と発言した真意を説明した。

5日の放送で西川はこの問題について「当たり前です、これは。(点数)上から取っていったら女性ばっかりになっちゃうんです。外科医になってくれるような男手が必要なんですよ」と発言。これに対し、フリーアナウンサーの高橋真麻が、別番組で「私の中では納得できない」と反論し、話題を呼んでいた。

西川は「勘違いしてもらいたくないのは、不正入試が正しいと言っているわけではない」と説明。「医療現場の現状ってこういうことなんですよっていうことを言いたかったし、古くからの男社会という世界なので、女人禁制の科もあったんですよ、私が医者になったときは。女性の更衣室もないくらいだったので、男の人優位の世界なんだよっていうことを言いたかった」と語った。

するとテリー伊藤が「当たり前っていう言葉じゃなくて、当たり前だってわかっているんだったら、西川さんはどういう風にしたらいいかっていうことを発言しないと」と指摘。これに対し、爆笑問題太田光は「西川さんが言ったのは現状はこうですよって」とフォローし、テリーが「本読めば誰でもわかる」と言うも、「でも、わかってなかった部分もあるもんね、我々は」と話した。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス