シドのShinji、「10年間同じ下着」と暴露される

ヴィジュアル系ロックバンド・シドのギタリスト・ Shinjiが、8月11日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。“ラーメン愛”が強すぎてバンドのイメージを壊している、というShinjiだが、10年間同じ下着を履いていることも暴露されてしまった。

この日Shinjiは、食べ歩きだけでなく、麺から自分で作るほどのラーメンへの異常なこだわりで、バンドの幻想的なイメージを壊してしまっていることを反省。だが、シドのスタッフから、ラーメン以外には本当に無頓着で、同じ下着を10年間履き続けており、ライブ後の着替えでクタクタのパンツを履いているのを見ると悲しくなるという、さらにイメージを壊してしまうようなクレームが寄せられた。

Shinjiによると「パンツって6年ぐらいでお尻の所に穴開いてOバックになるんですよ。8年目ぐらいになってくるとヴィンテージジーンズみたいになるんですよ。9年ぐらいでTバックになるんですよ。で、10年でヒモですね」と語り、スタジオ中を驚かせる。

MCの有吉弘行が「10年でやっと捨てる?」とたずねると、Shinjiは「捨てないんですよ、お家に持って帰ってちゃんと供養する」と回答。有吉は「びっくりした。(ラーメンの)ダシにしてるのかと思った」とイジった。

その後、Shinjiは番組での禊ぎとして、激辛ラーメンを盛大にむせながら食べることとなったが、派手にむせることで「パンツ破けたかも」と発言し、笑いを誘っていた。

番組放送後、シドのメンバーから「楽屋でのOバックを解禁するとはw」「Shinjiめっちゃ面白かったね」といったコメントが寄せられたほか、ネットでは「シドのshinjiくっそワロタwww」「ラーメン好きすぎて面白くて、それでも反則級にギターうまいシドのしん様大好き」といった反応が寄せられている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス