夏休みに親子で楽しめる都内&東京近郊の7スポットを紹介!


●生き物や絶景を堪能できる都内のスポット
夏真っ盛り! 夏休みの思い出をつくるべく、家族やカップル、友だち同士でお出かけプランを練られている人たちも多いことでしょう。そんなときに役立つ楽しいスポットをご紹介いたします。

2018年は記録的な猛暑ということで、快適に過ごせる屋内施設から、涼しく過ごせる水辺や謎の地下空間!? まで幅広くセレクト。まだ夏休みの自由研究のテーマが決まっていないお子様にもおすすめですよ!
○国立科学博物館(東京)

日本館と地球館からなり、自然と科学技術を身近に触れて親しむことができる総合科学博物館。深海、大哺乳類、縄文VS弥生など、刺激的な展示テーマが常に話題を集めていますが、その歴史は古く、はじまりは1877(明治10)年までさかのぼります。

460万点を超える貴重なコレクションを保管し、館内では恐竜の骨や隕石などを見ることができます。小中学生向けのイベントも随時行っていますし、2018年夏の特別展テーマは「昆虫」です。夏休みの自由研究のヒントが見つかるかもしれませんね!

●東京都台東区上野公園7-20
営業: 9:00~17:00(入館は16:30まで)、金・土曜 9:00~20:00(入館は19:30まで)
休み: 月曜(祝日の場合は火曜)、年末年始(12月28日~1月1日 ※8月は無休)
料金: 常設展 一般・大学生620円、高校生・高専生以下無料

○しながわ水族館(東京)

潮風が気持ちいい「しながわ区民公園」内にあるので、公園とともに楽しむことができます。2018年7月、バンドウイルカのティナがめでたく出産し、イルカショーはしばらくお休みですが、様子を見ながら徐々に再開されるということで待ち遠しいですね。アザラシショーや水中ショーは毎日実施しています。

ショー以外でも、全長22メートルのトンネル水槽や、360度ビューのアザラシ館なども海の生き物観察にぴったり。水上レストラン「ドルフィン」での和洋中料理からスイーツ、キッズメニュー、マリンショップ「シーガル」でのショッピングもお楽しみに。

●東京都品川区勝島3-2-1(しながわ区民公園内)
営業:10:00~17:00(入館は16:30まで ※8月の土日祝日、お盆期間は9:30~17:00)
休み: 火曜、1月1日(※祝日、春休み、GW、夏休み、冬休みは火曜でも休まず営業)
料金: 一般1,350円、65歳以上1,200円、中学生・小学生600円、4歳以上300円

○展望台シーサイドトップ(東京)

浜松町駅直結というアクセスのよさながら、比較的混雑しないため、親子でのお出かけの穴場といえます。ソファーも設置されており、腰を下ろしてゆっくりできるのも評価ポイント。地上152メートルという高さから見下ろす東京の一大パノラマが楽しめます。

見どころは、ビル群の中にそびえ立つ東京タワー、頻繁に行き交う鉄道に高速道、海上をすべる船舶に大空を舞う旅客機など。夕暮れ時はまた雰囲気が違ってロマンチック。回廊から見渡せる東京の夕景が、魅惑の一大イルミネーションへ変わるのを眺めるのもよい思い出になります。お子様は、自宅の場所を探してみるのもいいでしょう(見えるかな?)。

●東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル40F
営業: 10:00~20:30(受付は20:00まで) ※7月20日~8月31日は10:00~21:30(受付は21:00まで)、8月11日の展望台は17:00まで(入場16:30まで)
休み: なし
料金: 高校生以上620円、小中学生360円、幼児260円

●東京近郊のおすすめスポット4つも併せてチェック!
○森の空中あそび パカブ(神奈川)

「パカブ」とは、漁師さんが編んだ巨大な網のこと。フランス・ブルターニュ地方の小島・グロワ島で、森の中に網を張り巡らせて飛んだり跳ねたりする遊びが生まれました。この空中アトラクションがアジア初上陸です!

森の中に網を張り、吊り橋や空中迷路を作っているため、「森の空中あそび」ができるのです。また、サッカーやバスケなどのスポーツもプレー可能。大自然の中で思いっきり体を動かして楽しい思い出作りを!

●神奈川県南足柄市広町1544
営業:9:00~17:00、11~3月9:00~16:00
休み: 月曜(祝日の場合は翌日) ※7月15日~8月31日は無休
料金: 小学生以上2,500円、3~6歳700円

○千葉市動物公園(千葉)

「2本足での立ち姿がかわいい」などと、かつて一世を風靡したレッサーパンダの「風太」君も今やおじいちゃんですが、そのつぶらな瞳は今も愛くるしいですよ。また、飼育員さんの軽妙なトークを聞きながらの「リンゴタイム」もお楽しみポイントの一つです。

さらに、園内の「ふれあい動物の里」エリアでは、さまざまな動物を間近で観察できます。乗馬体験や、アルパカやうさぎのえさやり体験などもできるほか、手ぶらでバーベキューができてしまうのも魅力です。

●千葉県千葉市若葉区源町280番地
営業: 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休み: 水曜(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)
料金: 高校生以上700円、中学生以下無料

○手づくり絵本館「にゃ~トピア」(千葉)

日本では唯一無二の手作り絵本館です。「自分で作るおもしろブック」材料キットを購入すれば、誰でも簡単に世界で一冊だけのオリジナルブックが完成します。専用の「絵コンテシート」があるので簡単にまとめられます。緑に囲まれた雰囲気ある本物のログハウスでプロが丁寧に指導してくれるので、どなたでも美しい本を仕上げられますよ。

絵本だけでなく、写真集、子どもやペットの成長記録まで、テーマはあなた次第で無限に広がります。コンクール金賞受賞の実績もあるほどで、夏休みの自由研究にも最適です。

●千葉県習志野市津田沼7-5-8
営業: 10::00~19:00
休み: 年中無休/体験は要予約
料金: 材料キット A5判横型1,300円かB5判タテ型1,500円/体験料2時間で2,000円

○大谷石地下採掘場跡(栃木)

主に建築用石材として使われる「大谷石」。その産地である宇都宮市大谷町には、1919年から1986年までの約70年にわたり石を掘り出す採石場の跡地があり、現在はその遺構を利用した「大谷資料館」となっています。

足を踏み入れると中は広大で、野球場が丸ごと一つ入ってしまうほど。平均気温は約8度と、涼しいどころか寒いぐらいなのです。ひんやりとした空気、ほどよくライトアップされた空間は幻想的で、大人も子どももテンションMAXになること請け合いです!

●栃木県宇都宮市大谷町909
営業: 9:00~17:00(最終入館16:30)、12月~3月9:30~16:30(最終入館16:00)
休み: 12月25日~1月1日(12月~3月は、毎週火曜定休日)
料金: 大人800円 小人400円

今回ご紹介したスポット7つ、いかがでしたでしょうか。もしも気になる場所がありましたら、ぜひとも夏休みを利用して実際に訪れてみてくださいね!

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス