渡辺麻友、やっぱり“爆死女王”だった! AKB卒業後初の主演ドラマは、まさかの2%台……

日刊サイゾー

2018/8/12 11:00


 まゆゆこと渡辺麻友がAKB48卒業後、初めて主演するフジテレビ系連続ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(土曜午後11時40分~)が、4日に放送開始したが、初回2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗。深夜枠とはいえ、あまりの低視聴率で、再び“爆死女王”と呼ばれることになりかねない。

渡辺は2015年4月期の『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)で、稲森いずみとのダブル主演の形で主演を務めた。しかし、視聴率はプライム帯で、よもやの3%台を連発するなど大苦戦。結局、全10話予定のところ、第9話で打ち切りとなってしまい、平均視聴率は4.8%と5%にも満たなかった。

その後、渡辺は秋元康氏がプロデュースした連ドラ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系/17年5月~7月)で主演したが、これはAKB系の深夜ドラマとあって、評価の対象にはなり得なかった。

『書店ガール』の終了から3年がたち、その爆死のほとぼりも冷めかけた中、『いつかこの雨がやむ日まで』がスタートした。同ドラマは、ミュージカル女優を夢見る一人の少女・森村ひかり(渡辺)と親しい女優が殺害される事件が発生し、その女優の恋人で、ひかりの兄・國彦(桐山漣)が犯人として逮捕され、人生が一変。殺人犯の妹となってしまったひかりは、逃げるように故郷を去り、名字も母方の姓に変え、暗い生活を送る。15年後、出所した兄は無実を主張。かつて、兄を逮捕に至らしめた男・谷川和也(堀井新太)と再会し、またも運命を翻弄されていく……という物語。

深夜ドラマとはいえ、フジはそのプロモーションに力を入れ、相手役にはブレーク中の若手俳優・堀井を起用するなど、最善を尽くしているのだが、初回からいきなり2%台の惨事となってしまった。

今年に入ってからの同枠ドラマの初回視聴率は、『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(滝沢秀明主演)が4.0%、『いつまでも白い羽根』(新川優愛主演)が3.0%、『限界団地』(佐野史郎主演)が3.8%で、『いつかこの雨がやむ日まで』は2.9%でワースト。

今期、同じ午後11時台に放送開始する民放の深夜ドラマの初回視聴率は、滝藤賢一、広瀬アリス主演『探偵が早すぎる』(日本テレビ系)が3.9%、山田孝之菅田将暉主演『dele』(テレビ朝日系)が5.5%、窪田正孝主演『ヒモメン』(同)が4.6%で、やはり『いつかこの雨がやむ日まで』は、ここでも最低だ。

もともと、この「オトナの土ドラ」自体が数字を持ってないにしても、初回で2%台は、なんともさびしい数字。プライム帯の連ドラと違い、視聴率が大きくクローズアップされるわけではない。だが、渡辺としては、なんとかこの先、巻き返して、“爆死女王”と称されるのだけは避けたいところだろう。
(文=田中七男)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ