獅子座の新月を迎えて…「オンリーワン」になるために大切なこと

カナウ

2018/8/12 11:00


獅子座の新月を迎えて…「オンリーワン」になるために大切なこと

昨日、8月11日は獅子座の新月でした。獅子座というと、カリスマ性があって注目度が高く、堂々としたイメージですが、具体的にはどんな影響があるんでしょうか?

 

人気占い師のイヴルルド遙華さんに聞いてみました!

8/11:獅子座の新月は部分日食!


イヴルルド遙華さん)今回の獅子座の新月って、部分日食なんですよ。この日食はロシアやモンゴルでは見えるんですが、日本では観測できません。でも、目視できないから影響が薄いとか、そういうのはなくて。誰にとっても、11日の新月は特別だったと思います。

日食は新月の時に起きて、月食は満月の時に起こるんですが、日食と月食はセットなんですね。月がもたらす影響は星座によって変わってくるので、一律で「こういう意味がある」とは言い切れないんですが、日食・月食は特別な節目感がとても強いです。

いつもの新月・満月より、影響の度合いや期間が長くなるんですよ。

新月と満月のワーク


イヴルルド遙華さん)月にはいろいろな形があって、意味もそれぞれ違いますが、新月と満月は特に印象深いお月さまなんですね。

新月は新しいことをスタートさせるのに適しているので、ワクワクすることやこれから叶えたいことを紙に書き出すという『アファメーションワーク』が効きます。

満月は物事が満ちるタイミングなので、結果が出たり、あるいは何か足りなければ結果が出なかったりします。新月のアファメーションワークを振り返って、自分の夢を見直し、今の自分の環境を客観的に見つめながら、なにが足りないのかを知ることが大事です。

これは頭の中で考えるだけでなく、新月ワークと同じように紙に書き出すといいと思います。

獅子座の新月では、何を望む?


イヴルルド遙華さん)具体的な影響は12星座ごとに違っても、11日の獅子座の新月では、やっぱり『獅子座の色』が強く出てきます。

人に合わせたり、周囲の目を気にしたりしない。堂々と自分の個性をアピールする。自分がやりたいことを見極める。そんな傾向があるんじゃないかなと思いますよ。

だから、自分の個性を改めて見つめ直すとか、自分だけの強みを知るということは、とても大事です。この新月で正しく把握すると、来年以降の人生はガラッと変わるかもしれません。

さっきも言いましたが、日食の影響は普通の新月より長くて、大体半年くらい続くんですね。ですから、今知る個性や強みというのは、2019年の2年まで何かしらの展開を生むと思います。

SNS時代にオンリーワンを目指す


イヴルルド遙華さん)今って、SNSで他人がしていることがすぐわかるし、それが自慢だったりすると、「みんなキラキラしているのに、私だけ何もない。みじめ……」と思ってしまうかもしれません。

SNSには、自分と他人を比べるきっかけがたくさんあるんですね。

人のことを気にしても仕方ないと思っても、気が弱くなっている時ほど、気になってしまうものです。

インスタグラムを更新しないと不安になる……という人もいるかもしれませんが、あまりに他人が気になって、自分の個性や強みがわからなくなる場合は、SNSと距離を取ることも大事です。

それに、自分が叶えたい夢は何かをハッキリさせて、本気で実現させたいと強く思うこと。自分のことで一生懸命になれば、他人を気にしているヒマなんかなくなります。

自分を見失いそうになったら、「SNSをやめて、夢にまい進する」それだけで、オンリーワンの存在になれるんです。11日の獅子座新月で、SNSとの付き合い方や自分の夢を見直すのも良いかもしれませんね。

8月11日の獅子座の新月には、スゴイ影響力があるようですね!

キラキラ女子がインスタに増殖している今、「私って何やってるんだろう?」「私、だいじょうぶかな?」と不安になっている人は、自分の個性を見つめ直して、SNSとの付き合い方を考えてみると良さそうです!

(カナウ編集部)







あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ