「タモリ倶楽部」真のムサコ決定戦が話題に

8月10日に放送されたバラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、「武蔵小金井VS武蔵小山…真のムサコ決定戦」というテーマが取り上げられ、話題を呼んでいる。

東京・小金井市の武蔵小金井と品川区の武蔵小山、どちらも略称は“ムサコ”とされているが、果たして真のムサコはどちらなのか明らかにするという企画。番組冒頭、ムサコで飲み会があると言われたらどっちに行くかと聞かれたタモリ(72歳)は「武蔵小杉だね」と、いきなり多摩川を超えて神奈川県川崎市のムサコについて言及してしまう。

さらに見届け人として登場した女優の片瀬那奈(36歳)も「ムサコと聞いても何も思い浮かばない。言葉自体、知ったのはこの2年くらい」という反応を見せ、全く先が読めない展開に。

番組では、街の概要や“ムサコ”がどれだけ街に馴染んでいるか紹介されたが、双方譲らず、結論は東京都民による総選挙形式で勝負することとなる。結果、中央線沿線の人たちから強い支持を受けるなど18名を獲得した「武蔵小金井」が、14名の「武蔵小山」を抑えて勝利。

だが、話はここで終わらなかった。番組冒頭でタモリが語った「武蔵小杉」が42名の支持を取り付けてしまう。片瀬が「圧倒的じゃん!」と大笑いするほど、衝撃の結果を生んでいた。

Twitterなどのネットでは「久々に良いオチを見た」「小杉は小杉だよ」「宇都宮線だと小山駅と小金井駅は隣なのに…」「やっぱりムサコって聞いたら武蔵小杉思い浮かべる」といった反応が寄せられている。

あなたにおすすめ