『 キラッとプリ☆チャン 』第18話「サマーなスペシャルやってみた!」デザイナーの想いと、実力より大切なこと【感想コラム】

あにぶ

2018/8/7 01:22

アイカツ! シリーズではよく触れられるけど、『プリパラ』ではあまり触れられなかった“デザイナー”。それぞれのブランドに想いがあり、テーマがあり、デザイナーごとのこだわりがある。アイドルアニメで輝くのは、アイドルだけではないのです。

今回は、そんなデザイナーが登場するエピソードです。

このページの目次

1 シークレットアリス2 デザイナーはカレンさん3 ランウェイ4 カレンさんがブランドに求めるアイドルとは?5 スマイルが大事6 デザイナーの想い■シークレットアリス

豪華な船!

シークレットアリス!!

めが姉からなにやら豪勢なパーティに招待された「ミラクル☆キラッツ」。

はしゃぐみらい&えも、何時も通り冷製でしっかりしているりんか――かと思いきや、りんかのテンションは高くなっていき……。

それもそのはず。

「シークレットアリス」とは、りんかの大好きなブランド。デザイナーズ7の一角にして、アリスという名の通り、童話にでも出てきそうなゴシック風のドレスが特徴的なブランドなのです。

つまり、推している名ブランド主催の凄いパーティに呼ばれてしまったわけです。

そりゃ、真面目なりんかでもはしゃぎますよね。

■デザイナーはカレンさん

お約束のように、「メルティックスター」のあんな&さらも登場。

そしてはじまる、「シークレットアリス」のデザイナー・カレンさんによる挨拶。

どうみても、前に出てきた謎のマジシャン・マジカルレーンです。

パーティに招待されたのは、カレンさんが注目しているプリチャンアイドルたち。

ここで、サマースペシャル大会を行うと言います。最初の審査は、ランウェイです。

優勝すると、「サマーメイドコーデ」という水着がもらえるとのこと。

水着です。

■ランウェイ

画像引用元:Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.

船にいるのは、モデルもやっているアイドルばかり。

みらい&えもも読モ経験はあるけれど、やっぱりちょっと不安なみらい。

そこに、マリー&ミズリーというアイドルが現れ、「ミラクル☆キラッツ」に宣戦布告。

あんなは、普段えもと口喧嘩をしているけれど、自分以外が「ミラクル☆キラッツ」に喧嘩を売るのは許せない様子。

なんだかんだ、認めあっているライバル同士ですからね。

そんなこんなで、ランウェイがスタート。

内容は「シークレットアリス」のドレスをまとって歩き、いつもの「いいね」集めではなく、審査員による審査を受けるというもの。

■カレンさんがブランドに求めるアイドルとは?

マリー&ミズリーはドレスを着こなし、審査員からの評価もイイカンジ。

だけど、肝心のカレンさんは退屈そう。

実力者の集うランウェイでは、モデル経験の少ない「ミラクル☆キラッツ」は不利です。

それどころか、まともな勝負で勝てるほどの実力はありません。

けれど、かつて競ったライバルから、「ミラクル☆キラッツ」はそんなデータで測れるような存在ではないと言われて……。

■スマイルが大事

みらいたちは決めます。

会場のみんなを楽しませるため、自分たちも楽しくステージに上がろう、と。

作法なんか知らねえ!

とでも言いたげな、自由で「ミラクル☆キラッツ」らしいやり方でランウェイに挑む、みらい・えも・りんか。

お硬い審査員たちは、イメージに合わないだの下品だのと判断しますが、カレンさんは違いました。

会場のみんなや、配信で観ている人たちが盛り上がっていくのを見て、思ったのです。

「シークレットアリス」に必要なのは、単なるモデルの実力や行儀の良さではなく、スマイルであると。

会場のみんなを笑顔にさせた「ミラクル☆キラッツ」の存在は、カレンさんのハートに刺さったようです。

そんなカレンさんの発言を受け、審査員も掌返し。

ブランドのデザイナーには逆らえません。

■デザイナーの想い

画像引用元:Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.

決勝に進んだのは、「ミラクル☆キラッツ」と「メルティックスター」でした。

最後はライブによる対決。

何時も通り、みんなからもらう「いいね」数を競うというもの。

勝利したのは「ミラクル☆キラッツ」でした。コーデを受け取り、カレンさんとお話するみらいたち。

「これはプリチャンアイドルへのご褒美」

とカレンさん。

ユヅル兄がアイドルを支える仕事を選んだように。

カレンさんは、アイドルを輝かせて、みんなを笑顔にする仕事をしているのです。

一番目立って輝くのはアイドルかもしれないけれど、デザイナーがいなければ、ステージは成立しません。どちらも大切な仕事です。

共通するのは、笑顔がみたいという想いです。そんなカレンさんだから、単なる実力があるアイドルではなく、りんかたちを選んだのです。まあ、最後の勝敗を決めたのは、みんなの投票でしたが。

最後の最後に、“スマイル”というワードから、りんかはカレンさんが“以前出会ったマジシャン”であると気づくのでした。

というわけで、今作ではアイドル以外の方々にも触れていくようです。

デザイナーやドレスに込められた想いも受けて、みらいたちは前に進んでいくのでしょう。

そして、今回水着が手に入り、次回はお待ちかねの水着回です。

楽しみです。

あと、二度も敗北してしまったあんな&さら。

3クール目あたりから、3人目問題に突入→ゲームにも登場、となりそうですね。

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

(あにぶ編集部/星崎梓)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ