たけし 山根氏の日大客員教授解任に皮肉「授業聞いてみたい」

 タレントのビートたけし(71)が11日、MCを務めるTBS系のニュース番組「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)の生放送に出演。日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏(78)について言及した。

 山根会長の辞任会見のVTRを見たたけしは「リードボーカルみたいな格好。黒い服のコーラスの前で、白いスーツを着て歌っている感じ」と苦笑いを浮かべ、「園芸とか落語とか漫才の会長もワンマンなときがあって、真打を何人も作っちゃって、皆やめちゃったりとか、漫才の会長が独断でやったりしても誰も文句言えないんだよね」とかつて各界で独裁的な権力をふるっていたトップが存在していたことを明かした。

 山根氏は今年4月に日大スポーツ科学部の客員教授に就任。これに、たけしは「授業聞いてみたいね。何を教えてくれるんだろうね」と皮肉たっぷり。なお、日大は「大学として不適切と判断した」として7日付で山根氏を解任している。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス