結婚相談所は「プロフィール写真」が命。“申込みゼロ”から急にモテ始めた理由とは

女子SPA!

2018/8/12 08:46



【アラフォー婚活の現実 Vol.32】

結婚願望のないアラフィフ彼氏に見切りをつけ、40歳で結婚相談所に入会したRikakoです。

あれから正式に彼とお別れし、今は結婚相談所で地道に活動を続けています。しかし、入会当時はまったく男性から申込みがありませんでした……。

そこで、あることを行ったら、申込み数が劇的にアップしたのです。今回は、結婚相談所で活動するにあたって、最も大切なことについて紹介します。

◆プロフィール写真を自撮り写真で掲載していたら、申込み数ゼロ!

私が入会した結婚相談所は、他社に比べて活動費がリーズナブルでした。だから、私自身もネット婚活の延長のような感覚で、プロフィール写真も当初はお金をかけずにスマホで自撮りした写真を掲載していました。

自撮りした写真にアプリを使って美白フィルターをかければ、いい感じに盛れた写真が完成します。実際に、昨年婚活サイトで活動していたときは、このアプリでちょい盛りした自撮り写真でたくさん男性からアプローチしてもらえました。

しかし、結婚相談所でこの自撮り写真を掲載したところ、反応はゼロ!

結婚相談所から、毎月数名の紹介が入ってくるのですが、お見合いの申込みをしても、ことごとく不成立に……。男性からの申込みも全くありませんでした。

当初は、年齢が39歳から40歳になったことで、婚活市場で全く相手にされなくなったのだと思い込んでいました。40歳の壁はこんなにも厚いのかと、絶望していました。

◆結婚相談所では、プロ撮影の写真でないと勝負できない!

私はブログに結婚相談所に入会後の悲惨な現状をつづっていました。すると、読者の方から「申込みが来ないのは、プロフィール写真がよくないのでは?」というご指摘を受けたのです。

そこでようやく私は、婚活アプリ感覚の自撮り写真だと、結婚相談所では勝負できないことに気づきました。

結婚相談所のサイトでは、男性会員しか女性会員を検索できないため、他の女性会員がどんなプロフィール写真で挑んでいるのかわかりません。でも、男性側も多くがプロに撮ってもらったポートレート写真を掲載していたのです。やはり、自撮りとプロの写真では、印象が全く違います。自撮り写真だと、婚活に対する本気度があまり感じられないのだと思います。

サイトで検索すると、男性の写真が一斉に表示されますが、一つ一つの写真がとても小さいので、顔立ちまではよくわかりません。しかし、自撮りなのか、プロの写真なのかは画面が小さくてもわかります。クリックしたくなるのは、やはりプロが撮ったプロフィール写真です。

だから、プロの写真でないと、検索時点でプロフィールを見てもらえない確率が高いのです。

◆プロカメラマンに撮影してもらったところ、申込みが急増!

そこで私はプロカメラマンにきちんと撮影してもらったプロフィール写真を用意することに。新しいプロフィール写真に切り替えた途端、その日のうちに複数の男性から申込みが入りました。

写真効果は、本当に絶大です! 結婚相談所は入会したての人が、検索画面の最初に出てくるため、入会直後がバブルだと言われています。

私の場合、入会直後が自撮り写真だったため、大きく出遅れてしまいましたが…、それでも早い段階でプロフィール写真を変えることができたのでよかったです。

プロフィール写真が実物よりも素敵すぎると、実際にお見合いした際にギャップが生じるという懸念も出てきますが、まずはきちんとした写真を用意しないとお見合いが成立しないのです。

これから結婚相談所の入会を考えている方は、ぜひともプロフィール写真をプロに撮ってもらうことをお勧めします。できれば、ヘアメイクもセットになっているほうが、印象アップに繋がるはずです。

<文/Rikako>

【Rikako】

アラフォーの婚活ブロガー。結婚相談所から婚活アプリまで、ありとあらゆる婚活を経験。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス