お墓のこと、考える季節がやってきました

カフェグローブ

2018/8/12 07:45

shutterstock_534150256

お墓のこと。どう心構えを持っておくべきなのか。

同世代の話題としては、そうそうよく出る話でもないのが現実。

米澤結著『お墓、どうしますか?』より、現代の墓事情についてご紹介します。

現代の墓は「多様化」している


少子高齢化はさらに進み、墓を子どもに守ってもらうという発想は、複数世代同居の家族であったとしても、当たり前の、現実的な選択肢ではなくなりました。家族形態、子どもの有無にかかわらず、人間は誰でもいつか必ず最期を迎えます。いわゆる「終活」がブーム的に盛り上がり、「自分らしく」という視点が生まれ、「(葬送を含む)墓の個人化」がマスコミでもてはやされるようになりました。中略現在の墓を含む葬送の傾向をひと言であらわすと「多様化」です。
104ページより引用

昔ながらの「墓を守る」という概念は、世相として従来よりはさすがに薄くなって来ている気がします。しかし、たまに耳にする「共同墓」「自宅供養」など、新しい墓の形が実際のところどんなものなのか、よく分かりません。

花が絶えない「共同墓」


墓と家族について研究を重ねている著者は、現在の墓の傾向は多様化していると語っています。1990年頃に生まれた共同墓は、登場当初は「身寄りのない人が選ぶ」というイメージであったのだとか。今では子どもの有無にかかわらず、選択肢の一つとして定着して来ているといいます。墓石が不要なので経済的負担が軽く、大勢が埋葬されるため、花や線香が絶えにくい賑やかな印象を受けます。

管理がしやすい「納骨堂」


都市部では納骨堂の需要も増えているのだとか。墓石を建てる必要がないため安価で室内管理がしやすい、などが支持される理由だといいます。収蔵形態にはロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式などがあり、ハイテク仕様も話題になっているようです。

あなたのお墓の概念、昔のままでは?

shutterstock_1147158449

「家族とは何か?」に対する定型的な答えとして「標準家族」が用意された時代は過ぎたものの、その後に続くモデルケースが見つけられず、混沌としているのが現在。そんな時代に土地に紐づいた従来型の墓(=家族の象徴)を守ることは簡単ではありません。もちろん守っていける人、守っていける家族は、従来通りのやり方を続ければいいと思います。ただ、故人を思う気持ちがあれば、「守らなくちゃいけない」「残さなくちゃいけない」など、それを義務にする必要はないという認識を、社会で共有してもいいのではないでしょうか。
231ページより引用

著者はさまざまな人々にインタビューを試みていますが、親も子も高度経済成長期のころの意識で生活している家族が、意外とたくさんある現状が伺えたのだとか。特に、親世代は葬送以前に生活そのものが変わっていないというケースもあるようです。

「標準家族」という国が作った家族の形が理想とされ、みんながそれに向かって頑張った時代。それがあったから日本は経済成長を遂げた。そんな意識が世代を横断して今も根強いため、個が重視される時代といいながらも、墓のような昔ながらの問題については、なかなか意識が切り替わらないようです。

「守らなきゃ」よりも「思いやり」を


著者は、互いに尊重し合うこと、思いやることが大切であるといいます。後継家族がいないため、自分が好きなようにするとはいっても、人間は死んだ後、誰かの手を借りなければ、火葬されて遺骨にはなれない現実があります。自分と周りの人々を思いやる気持ちを忘れずにいれば、どういう形態をとったとしても、それは間違いではなのかもしれません。

親だけではなく、自分自身の最期も気になるところです。未婚者も既婚者も、子がいてもいなくても、死ぬときは一人。安心して暮らし、安心して死ねる仕組み作りは、社会全体のこれから抱える課題であると実感します。

お墓、どうしますか?


著者:米澤結
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,000円(税別)

Image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

他人ごとじゃない介護離職。親が倒れたらどうすればよい?

他人事ではない介護との向き合い方。仕事と介護を両立させて介護離職をしないですむ考え方を酒井穣著『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの...
https://www.cafeglobe.com/2018/03/book_nursing.html

女性の社会進出阻む、もう一つのバリア「老親ケア」 [The New York Times]

米国では20世紀には増え続けていた働く女性の数が、21世紀を境に突然増えなくなってしまった。その原因が高齢化による「老親ケア」を女性たちが主に担って...
https://www.cafeglobe.com/2018/02/nyt_eye.html

あなたにおすすめ