どちらがマシ? よくしゃべるが話が噛み合わない人 vs 人見知り

しらべぇ

2018/8/12 07:30


((C)ぱくたそ)

おしゃべりな人がみんな、会話上手なわけではない。ひたすら話し続けるが、まったく噛み合わないタイプもいる。ネット上で「アッパー系コミュ障」と呼ばれ、付き合いにくいとされている人たちだ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,477名に「人付き合いについて」の調査を実施。

「よくしゃべるが話が噛み合わない人より、人見知りのほうがましだと思う」と答えた人は54.4%で、半数以上が人見知りを選んでいるのだ。

■女性が多い理由


性年代別では、すべての年代で男性よりも女性が多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

女性はおしゃべりが好きな人が多く、自分が話せないのがつらいのもあるようだ。

「ひたすら自分のことばかり話して、こちらが話すことはほぼスルー。さらに自分が話したいことを言い続けるだけだから、その人には相手なんていらないんじゃないかと思えてくる。

独り言で十分な気がするんだけど…」(20代・女性)

■自分が人見知りなので…


若い男性では、よくしゃべるが話が噛み合わない人のほうがいいとの意見も多い。

「人見知りなので、とりあえず話してくれる人がいれば助かる。もし話が噛み合わないのなら、適当に流しておけばいいし」(20代・男性)

しかし男性も年齢を重ねるほどに、人見知りのほうがいいと思うようになる。

「話が噛み合わないだけでなく、ひたすらしゃべって場を台無しにするから大変。軌道修正を試みるけど、すぐに割って入るからどうしようもない。

社内だけならまだしも、取引先とかもいる集まりで本領を発揮されたら、こちらが必死に謝るはめに…」(40代・男性)

■個性として受け入れる人も


よくしゃべるが噛み合わない人と一緒にいると、普段よりも疲労感を感じるという女性も。

「噛み合わないながらも話を理解しようと脳ががんばるのか、普通に人と集まるよりも疲労が大きい。さらに周囲に気を遣うから、その疲れもあると思う」(20代・女性)

個性として、受け入れている人もいる。

「世の中には、いろんなタイプの人がいるからこそおもしろい。よくしゃべるのもその人の個性で、噛み合わないのもご愛嬌と思うようにしている。それは、人見知りも変わらない」(30代・男性)

合わない人との付き合いは、自分の器が試される瞬間なのかも。

・合わせて読みたい→新社会人は苦戦か… 新しい環境にもすぐになじむコミュ力の持ち主とは

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

あなたにおすすめ