昇太、笑いで歌丸さんしのぶ「悲しいのに体が言うこときかない」

 慢性閉塞性肺疾患のため7月2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)を追悼する国立演芸場の「8月中席」公演が11日、幕を開けた。当初は、歌丸さんがトリで「怪談牡丹灯籠 お札はがし」を披露する予定だった高座。この日は、日本テレビ「笑点」の司会を継いだ春風亭昇太(58)がトリを務めた。

 昇太は、歌丸さんの死去後に行った落語芸術協会の会見を大喜利に例え、「噺(はなし)家は、横に並ぶと面白いことを言いたくなる生き物。最初に(三遊亭)小遊三師匠がウケたから、皆、ウケたくなった」と説明。「頭の中は悲しいのに、体が言うことをきかないんですよね」と歌丸さんをしのんだ。20日まで。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス