『ちびまる子ちゃん』に久々のみどりちゃんが登場「はまじの女装!?」

日刊大衆

2018/8/12 05:30


 8月5日に放送されたアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)に、レアキャラ“みどりちゃん”が登場して話題になっている。ネットでは「はまじの女装?」「兄妹かと思った」と盛り上がっているようだ。

この日に放送されたのは、「まる子のでまかせ怪奇話」というエピソード。ある夏休みの日、憧れの“笹山さん”に会えず、落ち込む藤木を、まる子とたまちゃんがなぐさめながら歩いていた。すると角を曲がった先の空き地に、笹山さんと大野くんが手を握り合う姿を発見。幸い藤木は目撃していなかったため、まる子とたまちゃんは、それを見せないように道を塞ぐ。

しかし、藤木が構わず進もうとするため、まる子は“でまかせの怪談話”を話して空き地から注意をそらすことに。まる子がでっち上げたのは、“空き地に昔大きなお屋敷があり、そこに住んでいた娘が、植木職人との恋が実らずショックで死んでしまった”という怪談話。藤木は見事に怖がり、空き地を見ないようにして帰っていった。

数日後、まる子はおじいちゃんの知り合いの孫であるみどりちゃんと、公園へ向かっていた。すると藤木から怪談話を聞いた、山田、山根、永沢が例の空き地へ肝試しに行くところに遭遇。みどりちゃんは怖いので行きたくなかったが、以前から藤木が大好きなみどりちゃんは肝試しに参加することに。空き地につくと、木からカラスが飛び立つだけで怯えるみどりちゃん。さらに木にある顔のような模様を見つけて泣き出してしまう。そこに通りかかったたまちゃんが、みどりちゃんに声をかけると、ビックリして号泣しながら空き地を飛び出してしまった。

久しぶりに登場したみどりちゃんに、視聴者は「なんではまじ女装してるの? と思ったらみどりちゃんだった!」「髪型と声が違うだけで“女版はまじ”にしか見えない」「生き別れの兄妹かと思った」「顔面のパーツがほとんど一緒じゃん!」と、ストーリーとは関係のないところで盛り上がっていた。

はまじの血縁者にしか見えないみどりちゃん。二人が並んで登場する日が楽しみだ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス