生命維持装置が外される少年に寄り添う少女、若い恋人同士の悲しい瞬間(英)

大切な人との死による別れは胸を引き裂かれる思いだろうが、幼い頃から一緒に過ごして来た相手であれば尚更のことだ。このほどイギリスで、生命維持装置が外される直前の少年を抱擁する少女の悲しい瞬間を捉えた写真が人々の涙を誘っている。『New York Post』『Cambrian News』などが伝えた。

英ウェールズ南部に位置するタウィンの海岸で先月31日、3人の少年少女が水難事故に遭い救急ヘリコプターで病院に搬送された。うち2人はバンガーにあるグウィネズ病院へ、もう1人の16歳少年ブレイク・ワードさん(Blake Ward)はリバプールのアルダー・ヘイ小児病院に向かった。

ブレイクさんは脳に損傷を受けており、生命維持装置でかろうじて命を繋ぐという状態だった。しかし回復が見込めないことから、今月4日に生命維持装置が外されることになった。

彼を愛する人達は悲しみに打ちひしがれたが、恋人である15歳のステファニー・レイさん(Stephanie Ray)の悲しみはあまりにも深かった。

ステファニーさんのFacebookには、今年の2月8日からブレイクさんと交際していることがうかがえる記載があった。幼馴染から恋人同士となって間もない2人にはたくさんの思い出を作ることができたはずだったが、ブレイクさんの生命維持装置が外される日を境にそれが叶わなくなってしまったのだ。

最後の別れの日、ステファニーさんは病院のベッドに横たわるブレイクさんに寄り添って、彼の腕を自分の肩にのせてしっかりと抱きしめた。その瞬間を収めた写真をステファニーさんは自身のFacebookに投稿し、ブレイクさんへの思いを綴った。

「今日は私にとって、すごく辛くて忘れることができない日となりました。火曜日に彼は恐ろしい事故に遭ってしまったの…。私はいつも彼のそばにいて彼から離れることなんて無かったのに…。」

「みんなが知っているように、ブレイクは誰に対してもとても愛情深い人でした。だけど昨日伝えたように、彼は脳にダメージを受けて回復することができなくて。私達は、生命維持装置を切って“彼を逝かせる”という苦しい決断をしなければならならなかった。」

「ブレイクは私にとって特別な人で、時にはケンカもしたけどうまく乗り越えてきました。これだけはみんなに知っておいて欲しい。彼は痛みを感じることもなく家族に看取られて、永遠の別れの旅に出ました。」

「ブレイク、あなたは常に私の心の中にいるわ。そして決してあなたを忘れない。私の愛する人よ、天高く舞い上がれ! 私はあなたを愛したこと誇りに思っている。今もそしてこれからも…。」

ステファニーさんの投稿には多くの人が心を痛め、祈りを捧げるメッセージが寄せられている。

画像は『Stephanie Ray 2018年8月4日付Facebook「Today has been the hardest day for me and it will be a day I will never be able to forget as some of you may know Blake was involved in a terrible accident on Tuesday」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あなたにおすすめ