『ハウルの動く城』地上波放送にハマ・オカモト「かかしのカブって大泉さんなのか…」

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画『ハウルの動く城』(2004年劇場公開)が8月10日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送された。これまでに何度も地上波で登場している本作だが、見るたびに新しい発見があるものだ。

今回もオンエア前から「豪華声優陣」が話題となった。主人公・ソフィーの声を倍賞千恵子、魔法使いの美青年・ハウルの声を木村拓哉、荒地の魔女の声を美輪明宏、ハウルの弟子・少年マルクルの声を神木隆之介が務めている。

そんななかOKAMOTO’Sでベースを担当するハマ・オカモトが、10日の23時25分頃にSNSで「かかしのカブって大泉さんなのか…」とつぶやいた。オンエアでエンドロールを見たのだろう。

フォロワーから「それ私も思いました…笑」「同じつぶやきをわが家でもしました! 大泉さんだったんですね~」「私も驚いたところです笑」と反響があるなか、「チームナックス全員出てますよハウル」「ナックス勢揃い!!」という声が少なくない。

実は大泉洋が「カブ」と「兵士」、安田顕が「兵士」、森崎博之が「ケーキ屋店員」、戸次重幸が「橋の上の男」、音尾琢真が「城の門番」の声を担当しているのだ。

劇場公開されてから14年、TEAM NACSの活躍とともに彼らが本作の「豪華声優陣」として注目されるようになったのは感慨深い。

画像は『ミアちゃん@金曜ロードSHOW! 公式 2018年8月10日付Twitter「あははは!………なんか、いい雰囲気になってきましたねー」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス