水木一郎、『マジンガーZ』への感謝語る ファン1000人とオープニングテーマ熱唱

AbemaTIMES

2018/8/11 19:50


 「アニメソング界の帝王」の異名を持つ歌手の水木一郎(70)が、10日、都内でデビュー50周年記念ライブを開催した。

ライブがスタートしてから2曲目には、自身初のアニメソングである「原始少年リュウが行く」を披露し、ファン1000人のボルテージを一気に上げた水木。今回のライブは“原点”をテーマに構成され、芸能界入りのきっかけになった「君にささげる僕の歌」や「燃えろ!仮面ライダー」など今まで歌ってきたアニメソングを盛り込み、全31曲を熱唱した。

 そして、ライブ中には『マジンガーZ』オープニングテーマを全員で大合唱する一幕も。水木は「きょう皆さんにお会いできるのも、本当に『マジンガーZ』に出会えたことで、みなさんにお会いできたということで……。感謝しています」と、自身を一躍アニソン界のトップスターに押し上げた『マジンガーZ』への感謝を語った。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

Abemaビデオ▶ 韓国の判決に波紋! テコンVとマジンガーZは別物!?

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス