夏バテってなんやねん! 猛虎打線が序盤から猛攻 37歳鳥谷先制打に梅野が2ラン 金本監督もニッコリ

AbemaTIMES

2018/8/11 18:45


 8月11日の横浜DeNA対阪神16回戦で、阪神鳥谷が2回無死一、二塁からライト前に先制タイムリーを放つと、2死三塁から梅野がレフトスタンドに2ラン。前日まで対戦成績で11勝4敗と圧倒している横浜DeNAに対し、序盤から強烈なパンチを繰り出した。

 2回、好調の糸井がライト線にツーベースを放ちチャンスメイクすると、ナバーロがフォアボールで出塁後、鳥谷がタイムリー。37歳ながら真っ黒に日焼けした精悍な顔つきで、一塁ベース上で納得の表情だった。

続く俊介の併殺で1点止まりと思われたが、8番梅野がど真ん中に入ってきたストレートを強振。AbemaTVで解説していた森本稀哲氏が「完璧でしたね」と絶賛する当たりで、リードを3点に広げる2ランとなった。これにはベンチで出迎えた金本監督もニッコリと笑顔だった。

(C)AbemaTV

▶【動画】猛虎打線が苦手の横浜DeNA浜口を攻略!

▶8/11(土)17:50~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース
▶8/12(日)17:50~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス