失敗しない!気になる男性をデートに誘うLINEテク4選

愛カツ

2018/8/10 18:45


気になる男性との仲を一歩進んだものにしたい!そんなときに重要なのは、デートで仲を深めることです。まずはデートにこぎつけるための、絶対失敗しないLINEの送り方を伝授します♡

■ デートのお誘いはタイミング重視!

デートの誘い方
「LINEをしていて、たまたま気になる映画が一緒だったことが判明。ひとしきりその話題で盛り上がったタイミングで一緒に行こうよ!と誘われました。こんな自然な流れなら、意識しすぎないで会えるのがうれしいところです」(営業/28歳)

LINEでのお誘いはタイミングが重要!会話の盛り上がったときなら自然な流れで誘いやすく、応じてもらいやすくなります。

LINEでの会話で彼の趣味や好みを探りつつ、彼のテンションが上がったタイミングをすかさず狙いましょう。

■ 曖昧はダメ!具体的に誘おう

「お店を探したりするのが苦手なオレ。まだそこまで仲良くない相手ならなおさらです。一緒に行きたいお店を見つけたんだけど金曜日どう?なんて、デート先を具体的に出してもらえると即OK!さらにオレ好みのお店なら、より好感度が上がります」(27歳/建築会社勤務)

「今度会いましょう」なんて具体性のないデートのお誘いでは実現しません!お誘いは具体的に、これが鉄則。特にまだ仲が進展していない間柄ならなおさらです。

また、○○君と一緒に行きたいお店というフレーズも大きなポイント!オレと行きたいんだ、もしかして……なんてあなたのことが気になるきっかけになるかもしれません。

■ 無理めなお願いからデートに誘う

「LINEのやり取りの中で『あー会いたいな、今日会おうよ!』なんて言ってきた女友達。もう遅い時間だったため『今日は無理だよー』なんて返信したら、『じゃ代わりに来週の土曜日は?』という返信。それならいいよ、なんてトントン拍子に会う約束になりました」(30歳/銀行員)

なかなか実現が難しいお願い事をして、そのあとに本当の目的であるデートのお誘いをしてみましょう。実現不可能から実現可能なお願いになることで、気軽にお誘いに応じてもらいやすくなるという心理的作戦です。それならいいよー!なんて流れでデートが実現するはず♡

■ 断られても次に生かす!

「せっかくのお誘いでしたが、その日は仕事でどうしても無理。ドタキャンになってしまうので申し訳なく思いながらお断りLINEをしたら、『そっか!会いたかったけど仕事ならしょうがないね!お仕事頑張って♡』という返信が。会いたかったけどというフレーズと、ドタキャンを責めない感じにキュンときて、すぐに次の約束を取り付けました!」(31歳/ショップ店員)

ドタキャンでガッカリしても、その気持ちを表に出してはダメ。楽しみだったことを暗に伝えつつ、彼を気遣う言葉を送りましょう。こんな逆境も上手くものにするのが、恋愛上手のポイントです。

■ おわりに

まだ、お互いをよく知り合う前の場合は、デートの誘い方によってOKしてくれる確率は大きく違ってきます。

恋愛を制するためにはLINEを上手く使いこなすテクニックが重要!気になる男性をデートに誘って、2人の距離を縮めましょう♡

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス