トップスはフェミニンに…アラサーの「大人キャップコーデ」テク | デキるOLマナー&コーデ術 ♯110

ananweb

2018/8/11 19:00

連日、痛いほどの強い日差しで本当に暑いですね! 外出時のUVケアはもちろんですが、熱中症対策としても外せない帽子。せっかくならただ帽子をかぶるのではなく、オシャレにかぶりこなしたいものです。そこで今回は、帽子のなかでもトレンドのキャップを使ったアラサーコーデをご紹介いたします。
■ フェミトップス×キャップ

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 110

スポーティテイストの強いキャップを、かわいいアイテムと一緒に取り入れるのが今っぽいスタイルの特徴。アラサー世代は品の良さをベースにしたいので、キャップを被っていてもどこか女っぽさを忘れたくはないですものね! おすすめは、フェミ系アイテムのなかでも人気の高い、バックシャントップス。うなじ見せ効果もあるし、何よりギャザーがぎゅっと寄せているシャツは背中をキレイに見せてくれるスタイルアップ効果も高いので嬉しいですよね。

夏らしいコットンシャツのハリとシワ感が上品さを引き立たせるので、キャップがより際立ったオシャレになります。ボトムは、ワイドデニムでカジュアルに寄せてもOKですし、女性らしいタイトスカートでベースをレディライクにまとめるのも素敵♡

■ くすみカラー×キャップ

くすみ系カラーのアイテムは今年も衰えることなく人気が続いています。ファッションアイテムに特段強い個性がないシンプルなアイテムやコーディネイトほど、カラーバランスが重要になるので、キャップを取り入れたコーデもまた、シックなカラーを活かしたスタイルにすることで大人らしいオシャレさを表現することができます。

大人かわいい系を目指す女性は、ダスティピンク。キレイめな顔立ちをしている方はネイビーを、小麦肌が魅力的な女性はカーキやホワイトベージュを基調にコーディネイトすると肌なじみの良いスタイリングになりますよ。ちなみにトップスでなく、キャップ自体にくすみカラーを取り入れるのもOK。ただその場合、オジサンっぽさが際立たないように、お洋服には必ず明るめのカラーを入れてくださいね。

■ 肌見せ×キャップ

キャップコーデは抜け感を足すのがマスト。どこにも露出のないカバーコーデやゆったりしたアイテムを取り入れたスタイルだと、少年っぽさが強く出てしまうので、女性らしいヘルシーな色っぽさを一点だけ取り入れると、控えめなフェミニンさが出てきます。

取り入れやすいのはオフショルダートップスですが、肩出しに限らなくても良いです。スリットの入ったスカートで足のラインが少し見えるスタイルでも良いですし、透け素材のカーディガンやトップスと組み合わせてヌーディな質感を表現しても良いですね。ご自身のチャームポイントに合わせた肌見せコーデをトライしてみて。

■ 柄・色を使いすぎないのが大人流

アラサー世代の女性がキャップを上手に取り入れているととても憧れますよね。でも、実際にまねしてみようと思うと、これが正しいコーデかどうか合っているのかいまいちわかりにくいかと思います。大人の女性に似合うキャップコーデに迷いを感じたときは、単色無地のアイテムを基本に柄モノは1点まで。色も3色以内にまとめたシンプルなスタイルを意識すると良いですよ。

ぜひ、みなさんも夏の最後まで帽子コーデを楽しんで取り入れてみてくださいね!

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス