大野智の苦手なもの告白で見えた嵐の関係性に「さすが」の声

E-TALENTBANK

2018/8/11 18:00


9日に放送されたフジテレビ系「VS」に出演した嵐の大野智が嫌いな食べ物を告白した場面が反響を呼んでいる。

【写真】嵐、最新曲『夏疾風』を甲子園球場で披露

番組冒頭、メンバー同士で苦手な食べ物についてトークを展開した。相葉雅紀が「シソがダメだったの」と、過去に苦手だった食べ物を言うと、松本潤が「嫌いだったもんね」とコメントしたり、二宮和也が「脂。高い肉のやつ」と明かすと、相葉が「あと生ものね」と二宮の嫌いなものをあげるなど、お互いをよく知るグループの関係性をのぞかせた。

しかし、大野が「俺、ニンジン」と言うと、メンバーは驚いた様子で「ウソだよー!」と声をあげ、櫻井翔は「可愛い子ぶるんじゃないよ!」と笑いながらコメントした。

これに大野が「生はいける。甘いやつがダメ」と、甘く調理されたニンジンが苦手だと説明すると、櫻井は「こんなに一緒にいて知らないことがあるもんだね」と思いがけない様子を見せていた。

このやりとりに視聴者はTwitterで「メンバーに初知り情報あると動揺して大騒ぎするの、さすが嵐」「一緒に歩いて来た年月の長さを感じて」「関係性への余裕を感じる」「メンバーの情報に関して絶対的な自信があるんだね!」など、メンバー間の関係についての声を寄せている。

嵐は、今年デビュー20周年を迎え、11月よりドームツアーがスタートする予定だ。

あなたにおすすめ