香取慎吾・稲垣吾郎・草なぎ剛が「テレビ番組」に出なくとも「テレビ」で見ない日はない理由

wezzy

2018/8/11 18:15


 8月6日、香取慎吾(41)と草なぎ剛(44)が主演する育毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」の新CMが全国でオンエアされた。「スカルプD ミノキ兄弟」篇では香取と草なぎが“ミノキ兄弟”というキャラクターに扮し、息の合った演技を披露。特殊メイクでおでこをあらわにした衝撃的なビジュアルで話題をさらっていた。

SMAP時代とは異なる魅力を見せる“元SMAP”のメンバーは、ここ最近、続々と新しいCMへの出演が決まっている。

8月7日に全国オンエアされたファミリーマート新CM「ファミマのあの曲で会話」は、香取慎吾(41)が公園で“炭火焼きとり”を食べつつ、ファミリーマートの“入店音”のメロディーにのせて人々と会話するというもの。

コンビニの公式サイトで彼は、「みなさんの耳にも、あの『ファミリーマートで流れる入店音』が残っていると思いますが、ついつい色んな言葉をこのメロディで口ずさんでしまい、『ファミマ行きたいな』と思っていただければ嬉しいです。CMを通して『元気』や『笑顔』を伝えられればと思います。このCMは、きっとバズると思いますよ!」とコメント。CMキャラクターとしての意気込みは十分のようだ。

稲垣吾郎(44)は、今年6月にもにサントリー「オールフリー」のTVCM「氷いれちゃえ」篇で香取慎吾と共演。稲垣と香取が夏のビーチで騒ぎ合うという、いかにもアイドルらしいCMに仕上げられていた。サントリーの公式サイトには、「海での撮影を終えた後も、つかの間のビーチ遊びを満喫していた香取さん。ビーチを散策したり、コミカルなポージングを決めたりなど、無邪気にはしゃぐ香取さんの姿を、稲垣さんとスタッフたちが、大笑いしながら見つめていました」といった裏話が。楽しく仕事ができているようで何よりだ。

ジャニーズ事務所への“忖度”のためか、地上波の番組から消えたといわれた“元SMAP”の3人だが、テレビで見かける機会は意外と多い。さらに映画の話題作への出演も多く、に稲垣吾郎が絶好調。2019年には、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』『半世界』『ばるぼら』の3作品に出演が決まっている。同年には、草なぎ剛の出演映画『まく子』も公開。さらに今年大ヒットした映画『クソ野郎と美しき世界』は、公開終了と同時に“続編制作”が発表されている。

SMAP解散後も引く手あまたの3人。活躍する“場所”は多少変化したものの、彼らのスター性は変わっていないのだ。

テレビ番組が、理由あって彼らを起用できないのだとしたら、少し可哀そうですらある。

(ボンゾ)

あなたにおすすめ