GENERATIONS、初めてのドローン操縦に大興奮「面白い!」

ザテレビジョン

2018/8/11 18:07

8月12日(日)に放送される「GENERATIONS高校TV」(AbemaSPECIAL)は、特別企画「ジェネの夏休みSP!」と題し、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが神奈川・三浦を訪れ、海釣り対決や、ドローン撮影に挑戦する。

海釣り対決を行うため三崎港にやってきたメンバーは、船に乗る前に三崎で話題になっているという“マグロアイス”を試食。店には、マグロだけでなく、ワカメやひじきといった名物アイスも。

ワカメアイスを食べた片寄涼太は「おいしい! ワカメ感そんなないんじゃないかな?」と答え、白濱亜嵐と佐野玲於も、ひじきアイスをおいしそうに食べるなど、ここでしか食べられない名物アイスを堪能した。

その後、船に乗り釣り堀にやってきたメンバー。制限時間15分で、釣った魚の総重量が1番重かった人が勝利というルールのもと、海釣り対決を開始する。

すると、開始直後に数原龍友の持つ竿に魚がかかるが、惜しくも逃げられてしまい「あーバレた」と悔しそう。

続いてヒットしたのは“魚嫌い”の佐野。険しい表情を見せながら、必死に巻き続ける佐野は魚を釣り上げることができるのか?

その後、海辺でドローンの撮影にも挑戦。トイドローンで操縦感覚を練習したメンバーは、初めて操縦するドローンに「面白い!」「難しいな」と、早くも夢中な様子を見せる。

そして、本格的に1人1人が撮影にチャレンジすると、片寄は高さにこだわり、中務裕太は海面ギリギリを撮影するなど、それぞれがアレンジを加えていく。

そんな中、ドローンの先生から「テレビですぐ使えそう」と絶賛されるほどの腕前を披露したメンバーも現れる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158129/

あなたにおすすめ