満足感バッチリ! 合いびき肉を挟んで焼いた「じゃがいも」ガレット3選

レタスクラブ

2018/8/11 16:30

「丸く薄いもの」を意味する「ガレット」は、フランスで長く愛されている伝統料理。今回は、合いびき肉を挟んで焼いた「じゃがいも」ガレット3選を紹介しましょう。カリカリポテトをカットすれば、ジューシーな合いびき肉が顔を出します。おもてなしにも使える便利なメニューなので、ぜひ作り方をマスターしてくださいね。

■ スパイシーカレーサンドじゃがガレット

【材料・2~3人分】

じゃがいも 3個、合いびき肉 150g、にんじんのすりおろし 大さじ1、玉ねぎのすりおろし、おろししょうが 各大さじ1/2、おろしにんにく 小さじ1、赤ピーマンのみじん切り 1個分、カレー粉 大さじ1、トマトケチャップ、しょうゆ 各小さじ1、はちみつ 小さじ1/2、塩 小さじ1/3、油 大さじ1

【作り方】

1. フライパンに合いびき肉、にんじんのすりおろし、玉ねぎのすりおろし、おろししょうが、おろしにんにくを入れて菜箸で混ぜ合わせ、火にかけていりつける。パラパラになったら、赤ピーマンのみじん切り、カレー粉、トマトケチャップ、しょうゆ、はちみつ、塩を加え、汁けがなくなるまで炒める。

2. じゃがいもはせん切りにする。直径約20cmのフライパンに油を熱し、じゃがいもの半量を広げて入れる。中央に1をのせ、残りのじゃがいもでおおって平らにする。弱めの中火にし、時々、フライ返しで押しつけながら7~8分焼く。

3. 表面のじゃがいもが透き通り始め、下の面全体に焼き色がついたら、皿に滑らせて取り出し、フライパンをかぶせて上下を返して戻す。鍋肌から油大さじ1を回し入れ、同様に、焼き色がつくまで焼く。

(1人分322Kcal、塩分1.2g)

カレー粉のスパイシーな香りが食欲をそそります。合いびき肉を炒める際は香味野菜をたっぷり加え、肉のうまみを引き立てると◎。隠し味としてはちみつを使うと、コクがアップしてさらにおいしくなりますよ。

■ ミートソースガレット

ミートソースは、ケチャップとしょうゆで調味するだけで完成。汁けが飛ぶまでしっかり炒め合わせます。

■ ミートソースサンドじゃがガレット

じゃがいもをフライパンに敷き詰めたら、弱めの中火でじっくり焼くのがポイントです。フライ返しで時々押しつけ、きれいな円形に整えて。

ガレットの上下を返す時は、皿に一度取り出してからフライパンをかぶせ、すべらせるように戻し入れます。あとは焼き色がつくまで焼き、こうばしい味わいに仕上げましょう。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/157500/

あなたにおすすめ