安倍首相が津川雅彦を特別扱いの追悼会見! 首相の弔意コメントは国賓や総理経験者クラスだけなのにまた"お友だち"優遇

リテラ

2018/8/11 14:30


 俳優の津川雅彦氏が今月4日、心不全のため亡くなったことが7日夜に報じられた。「日本映画の父」と呼ばれるマキノ省三を祖父にもつという華やかな芸能一家に生まれ、日活のスター俳優に登り詰めた後は伊丹十三監督作品をはじめとして幅広い役柄を演じてきた。他方、極右思想の持ち主としても知られ、自身のブログやメディアなどで特攻隊礼賛や侵略戦争の美化、徴兵制の復活などを主張。2016年には『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)で、「保育園落ちた」ブログに対して「ブログ書いた人間が死ね!」と暴言を吐いたことも話題になった。

7日の訃報を受け、ネット上では本サイトが2015年に配信した津川氏の極右思想を批判した記事を引用するかたちで紹介する人も多かったが、これに対してネトウヨたちが非難。「死者への冒涜だ」と騒いでいる。

亡くなったこと自体に喜ぶ言葉を投げるような行為は下品、下劣極まりないが、それと生前の発言について批判をおこなうことは意味がまったく違う。政治家や学者、芸術家らが鬼籍に入っても、過去の言動や表現、作品をきちんと検証・批判するのはむしろ当然の行為だ。

しかし、津川氏をめぐっては、そうしたネトウヨの言いがかりも霞むような、思わず唖然とすることが起こった。安倍首相の特別すぎる"弔意"の件だ。

津川の訃報が報じられた7日夜の翌日、安倍首相はわざわざ会見を開き、「突然の訃報に接して本当にショックを受けています。悲しいですね。寂しい思いです」と述べると、饒舌になってこんなふうにつづけたのだ。

「総理を辞職した後、本当に津川さんには温かく励ましていただき、背中を押しつづけていただきました」
「津川さんは優れた俳優・監督として、その才能を発揮してこられた。まさに昭和・平成を代表する映画人であったと思います。とくに大河ドラマ『徳川家康』において、その圧倒的な存在感、風格を示しておられましたね。いまでも深く記憶に残っています」
「日本を代表する文化人でもあり、日本の優れた文化を世界に発信すべきと、ずっと粘り強く主張しておられました。現在パリで開催されているジャポニスム2018、津川さんの存在無くして考えられなかったと思いますし、まさに津川さんの情熱で、この大きなイベントが開催するに至ったと思っています」
「広範な知識に基づく高い見識を持っておられ、そしてまた強い信念をもっておられました。拉致問題についても政府の取り組みについて、まさにボランティアとしてずっと協力していただきました。本当に残念です。心から御冥福をお祈りしたいと思います」

言っておくが、これは弔問に訪れた先での囲み取材でも何でもなく、首相官邸でおこなわれた、正式な総理大臣の会見である(事実、首相官邸のHPには「津川雅彦氏の逝去についての会見」というタイトルでこの会見の様子が動画で公開されている)。さらに、この会見でのコメントを自身のTwitterアカウントにも投稿。投稿が4つにまたがる長文となった。

そもそも、これまで安倍首相が総理大臣として「お悔やみ」のコメントを首相官邸HPで公表してきたのは、国内外の災害・テロ発生時や、海外の元首・首相、駐日大使経験者などの要人、国内の総理経験者の逝去時などだ。たとえば「昭和・平成を代表する映画人」だった高倉健氏が亡くなったときだって、こんなコメントを首相官邸では公表していないし、津川氏の少し後に亡くなった翁長雄志・沖縄県知事に対しても同様だ。

にもかかわらず、津川氏に特別待遇をしたのは、安倍首相も述べているように、安倍氏の「背中を押しつづけて」きた典型的な安倍応援団だったからだ。

●安倍応援団を特別扱いする身びいきの姿勢が森友・加計問題を生んだ

津川氏は芸能界きっての安倍応援団のひとりとして、2012年9月に発足した「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」では発起人をつとめ、自身のブログでも再三「安倍晋三氏は政治家には勿体ない程の、人徳と誠実さの持ち主」「安倍総裁ばんざい!」「安倍総理はつくづく純粋な政治家」とエールを送ってきた。

そして、安倍首相はこうした応援を受けて総理に返り咲くと、首相直轄の有識者会議「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」の座長に津川氏を抜擢。一方で津川氏の後輩俳優である奥田瑛二や中井貴一らと会食を繰り返し、今年1月5日におこなわれた津川氏の快気祝いと誕生日祝いを兼ねたパーティには米倉涼子や木村佳乃、佐々木希、泉谷しげるといった大物芸能人が詰めかけたが、そこにも安倍首相は参加。津川氏を介して改憲キャンペーンのための芸能人人脈を広げているのではないかと囁かれた。

つまり、安倍首相は自分を応援してきてくれた極右思想の俳優を有識者会議の座長に引き立てた挙げ句、訃報を受けて異例中の異例である首相官邸での会見まで開いた。──自分の"お友だち"の死に際して、ここまで特別なかたちで弔意を表した総理大臣がかつていただろうか。

自分にとって大切な人を亡くすのは悲しいことだろう。だが、そうした私的な感情を公的な政治の場にもち込み、特別扱いをするのは、総理大臣としてありえない行為だ。そして、この権力を笠に着た露骨な身びいきの姿勢、公私混同の体質こそが、森友・加計学園問題のような政治の私物化を引き起こしたのである。

しかも、そのことをさんざん批判されてきたのに、安倍首相は相変わらずこうして"お友だち"だけを優遇するという"特例"を見せつけるのだ。

●津川雅彦の死に国賓級の扱いの一方で、被爆者や相模原事件の被害者には...

さらに、安倍首相が度し難いのは、このように"お友だち"を国賓級の扱いをし、私的感情たっぷりに悼む姿を見せつける一方で、本来、総理大臣として真摯に向き合うべき死をないがしろにし、不誠実な態度をとってきたことだ。

現に、安倍首相は、原爆犠牲者を慰霊する広島・長崎の式典で、今年もほとんどコピペの空疎な使い回し原稿をうつろに読み上げただけ。核兵器廃絶を求める被爆者団体から要望を受けた席でも、毎年お決まりの通り一遍の返答を口にするだけで不実な態度を貫いた。

さらに、もっとも象徴的なのは、2016年7月26日未明に起こった相模原障がい者施設殺傷事件への対応だ。19人が刺殺され、26人が負傷する戦後最悪の殺人事件というだけではなく、犯人が「障害者なんていなくなればいい」「障害者はすべてを不幸にする」「障害者には税金がかかる」という考えから障害者の命を奪うというヘイトクライムだった。事件の発生で、障がいをもつ人びとがいかに大きな不安に晒されたか、察するに余り有る。

だからこそ、すぐさま総理大臣に求められたのは、犯行への強い非難と、優生思想を否定すること、そして障がいをもつ人びとへのケアの言葉だった。しかし、安倍首相は記者会見も開かず、26日の自民党役員会で「多数の方がお亡くなりになり、重軽傷を負われた。心からご冥福、お見舞い申し上げる。真相解明をしていかないとならない。政府としても全力を挙げていきたい」と述べただけ。その日のうちに安倍首相宛てに弔電を送ったドイツのメルケル首相が、犠牲者への哀悼の意を表したと同時に「卑劣な犯行」と非難したこととはあまりに対照的だ。

相模原の事件で安倍首相が犯行を強く非難する会見をおこなわなかったのは、植松聖被告が犯行数日前に安倍晋三首相宛ての手紙を自民党本部に持参するなどの行動をとっていたことや、衆院議長に宛てた手紙でも安倍首相へシンパシーを寄せていたことがわかる内容だったことも背景にあるのだろう。しかし、ならばなおのこと、犠牲者や被害者家族、すべての障がいをもつ人びとに安心をもたらす言葉を発する必要があった。だが、安倍首相からは、いまなおそうした言葉はない。

自分にとっての大切な人には、わざわざ会見を開き、心からの哀悼の意と感謝をたっぷり述べるのに、この国で起こった残忍な事件の犠牲者や遺族にはルーチンワークのようなテンプレートの言辞で済ませる......。お友だちは優遇、国民には冷淡無情。そんな男にこのまま総理大臣をつづけさせて、ほんとうにいいのだろうか。
(編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス