マコーレー・カルキン、人気ドラマを3回断る

マコーレー・カルキン(37歳)が、「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」の出演オファーを受けていたそうだ。「ホーム・アローン」でお馴染みのマコーレーは、2007年にスタートしたCBSの同シットコムの出演オファーを受けたことはありがたいと思いながらも、3回も断っていたと明かしている。

ポッドキャスト番組「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」に出演したマコーレーは「『ビッグバン★セオリー』からオファーを受けたよ。でも、断った」「プレゼンでは『2人の物理学オタクが可愛い女の子と暮らすって話なんだ』って言い方だった」「だから僕は『そうか、僕は止めとくよ。ありがとう』って言ったんだ。そしたら彼らはまた僕のところに来たんだ。だから、僕は『いやいや、また来てくれて嬉しいけど、ノーだ』って言ったんだ」「するとまた来たから僕のマネージャーでさえプレッシャーをかけてきてたよ」。

ジム・パーソンズ、ジョニー・ガレッキ、ケイリー・クオコ、サイモン・ヘルバーク、クナル・ネイヤーなど出演者らは、シーズン8以降1話あたり100万ドル(約1億1000万円)もの出演料を稼ぐに至るが、マコーレーは出演オファーを断ったことを後悔していないようで、「もし出演していたら、何百万ドルものギャラを稼いでいただろうね。だけど、壁に頭をガンガンぶつけることになっていただろうさ」と続けた。

一方でマコーレーはインタビュー中に、恋人ブレンダ・ソング(30歳)との家庭を築くことについても触れており、新居で同棲を始めることを楽しみにしているそうだ。

あなたにおすすめ