一時の過ち?気の迷い?女性の浮気経験率は10%超だった…

for Real?

2018/8/11 12:00


一時の過ち?気の迷い?女性の浮気経験率は10%超だった…

昭和の頃なら、3年目の浮気くらいは大目に見たものですが、今や浮気は社会的地位を失うレベルの話。
ここ数年でも、数多くの芸能人が浮気や不倫で、社会的に抹殺される勢いで世間の冷たい目にさらされている姿を見たことがある人も多いでしょう。
もちろん、やってはいけませんしやらないに越したことはないのですが、人間とは完璧な生き物ではありません。
というわけで今回はそんな浮気についてGMOリサーチが運営する『アンケートサイト infoQ』で調査してみました。

■浮気の経験者割合は?


【女性】Q.あなたはパートナー(彼氏・夫)がいるのに浮気をしたことがありますか(単一回答)
【女性】Q.あなたはパートナー(彼氏・夫)がいるのに浮気をしたことがありますか(単一回答)

良かったぁ、これで浮気経験者が50%を超えていたらどうしようとか思ってましたが、日本はまだまだ捨てたもんじゃないですね。
年齢が高くなるほど浮気経験者が多くなるのは、歳をとるほど重ねてきた経験が多くなるということだとは思うのですが、それでも20%は越えないんですね。
もちろん、これを少ないと言い切ってしまうのはどうかと思いますが、少なくとも、乱れ切った恋愛関係を構築する人がたくさんいるというわけではなさそうなので、ほっと一安心です。

■浮気がばれたことがあるのか?


次に、浮気の経験者に、浮気がばれた経験を聞いてみました。
【女性】Q.パートナー(彼氏・夫)に浮気がバレたことはありますか(単一回答)
【女性】Q.パートナー(彼氏・夫)に浮気がバレたことはありますか(単一回答)

正直、あまりバレた人はいないんですね。
いや、だからといって浮気しようとは思っちゃだめですし、しちゃだめなんですけど、浮気の70%以上がバレていないという事実にちょっとびっくりです。
これは男が迂闊なのか、それとも女がすごいのかはわかりませんが、男としてはなんだかドキドキします。
だって、他人事なら女の人ってすごいなぁで終わるかもしれませんが、隣に座っているパートナーの横顔を見ながらこれを見ると……恐怖です。

■浮気に関するエピソード


では、浮気バレや浮気がバレないように着いた嘘のエピソードを見てみましょう。
男性的には、心臓に悪いエピソードになりそうです。

「浮気の男専用の携帯で内緒で連絡を取り合っていてタンスの奥にしまって隠してあったけどバレた。」
(10代:女性)

お、おう。
浮気専用の携帯とか、そんなシャア専用ザクみたいなもので浮気してた事がすごいですし、それをタンスにしまってたというのも、それでもバレたっていうのも。
エピソードがあますとこなくすごいんですが汗
しかもこの方10代なんですよね。
10代で浮気専用携帯を持っているということが、もう、末恐ろしいというかなんというかなんですが、でも女の子ってそんなものなのかなぁとも思いますね。

「バレたことはないですが、浮気相手と会う時は家族でご飯を食べに行って、そのまま実家泊まるなどと嘘をついていました。」
(10代:女性)

そのままとま……る……。
ああ、うん、まぁ浮気なんですからそのまま泊りますよねって、この発言も10代の方の発言で、しかも過去のことを振り返っている感じなんですよね。
おじさん怖いよ笑
でも確かに家族をダシに使われると追及できないですよね。
まさか彼女のお父さんに電話して「本当にご飯食べてますか?」とか聞けないですもんね。
うまいこと考えるなぁ。

「携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになってから、彼が疑い始めた。携帯のロックを彼との記念日にしていたので、目を離したすきに、メールを見られてバレた。バレてから、しばらくして我慢の限界がきたのか、大泣きされた。」
(20代:女性)

浮気がバレる原因でおそらく1番多いのが、携帯をのぞき見てっていうやつだと思うのですが、この携帯のぞきって本当に1ミリも良いことないですから、やめた方が良いですよね。
だって、そこに浮気の証拠があれば修羅場ですし、なかったらなかったで罪悪感が残りますよね。
しかも、のぞき見たことがバレたら、それもまた修羅場。
ホント、百害あって一利ない行動です。

「女友達の名前を使って遊びに出てた。 同じアパートの下の階の人に見られて旦那にチクられた。」
(20代:女性)

いや、これ1番怖いの下の階の住人ですよね。
どんな関係性を築いていたのかわかりませんが、上の階の住人の浮気を旦那にチクったりする人っているんですね、これ、超怖いんですけど。
いや、もちろん浮気した方が悪いんですよ、それはそうなんですけど。
アパートの住人にチクられるとか、ある意味浮気より怖いです。

「婚約中に浮気がばれてしまい、婚約破棄や慰謝料、周りの人が離れていくのを覚悟して言い訳せずに謝ったところ「嫌いになれるわけがない」と割とあっさり許してくれた。 その後は心を入れ替えて夫一筋です。」
(30代:女性)

雨降って地固まる。
ってやつなんでしょうけど、旦那さんの懐の深さというか心の広さに、心の底から感服いたしますね。
少なくともかなり心が広くないと婚約中に浮気なんてされてたら、なかなか許すことなんかできないですよね。
でも、見方を変えれば、それほどこの方が旦那さんに愛されていたということでもありますし、その後旦那さん一筋になったというのであれば、問題なしです。
これからも旦那さんを大事にしましょうね♪

「夫が仕事に行っていて、自分は仕事の夜勤明けで実家に行くと嘘をついて、浮気相手の所に遊びにいっていた。仕事が終わったと連絡があったら、実家から帰ると連絡して自分も帰宅していた。」
(30代:女性)

バレたとかバレなかったとか別れたとかそういうこと書いてないところを見ると、現在進行形なんでしょうか?
まぁ過去形で書いてあるので、過去の話と信じたいのですが、現在進行形だったとしたら、旦那さんがかわいそうです、はい。
しかし、家族を嘘の登場人物に使うのが、1番バレにくいのかもしれないですね。
こういう話を聞いちゃうと、恋人や妻が「ちょっと実家に帰ってくるね」とか「家族と旅行行くんだ」とか言うたびに疑いのまなざしを投げかけてしまいそうですね涙

■やめておいた方がいいです。


一応、浮気はダメです絶対に!と書いておいてからにします。
とはいえ、浮気ってやっぱり普通の恋愛にはない、禁断の果実をむさぼる快感というか背徳感があるんでしょうね。
もちろんダメですよ、ダメなんですけど。
バレなきゃ、ないのと同じですから。
家族の話をしだしたら、取りあえず疑ってみようかな、とは思いました、はい。

調査データ


有効回答数:2,266名
調査期間:2018年76月28日~7月4日
調査対象:(エリア)全国(性別年齢) 女性15歳~39歳
調査媒体:アンケートサイト infoQ

あなたにおすすめ