波瑠、愛されワンピで初デートシーン『サバイバル・ウェディング』

テレビドガッチ

2018/8/11 12:00

8月11日に放送されるドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第5話で、波瑠が演じる主人公・黒木さやかが柏木祐一(吉沢亮)をデートに誘うべく、宇佐美博人(伊勢谷友介)とともにボディメイクに挑戦。メリハリのある体を手に入れ、晴れて祐一との初デートが実現する。

本作は、大橋弘祐の小説「SURVIVAL WEDDING」を原作とした痛快コメディで、波瑠は勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人から婚約破棄されてしまった主人公・さやかを演じている。伊勢谷扮する敏腕編集長・宇佐美が突きつけた「半年以内に結婚しないとクビ!」という条件で復職したさやかは、宇佐美による海外ブランドのマーケティング手法を駆使した恋愛戦略に従って、“拒否権ナシのスパルタ婚活”をスタートさせる。

今回さやかは、宇佐美の命令で、スポーツメーカーとのタイアップ記事「夏の1か月ボディメイク特集」に体を張って挑むことに。自分の肌やスタイルに自信を持つことができれば、祐一をデートに誘いやすくなるというのがその理由だ。宇佐美から、「努力に必要なのは、忍耐じゃなく称賛なんだ。理想のボディラインを手に入れて、柏木祐一に褒められたところを想像してみろ」と言われたさやかは、「……悪くないですね」と承諾。かくしてさやかは、健康で魅力的とされる『ウェスト7:ヒップ10』のメリハリボディを目指すことに。ジムで筋トレをするシーンでは、なんと、宇佐美が全身GUCCIのド派手なジャージ姿を披露。運動するときもハイブランドで身を固めベンチプレスに挑戦する姿は必見だ。

ボディメイクを実践し、自信を持ったさやかは、祐一をディナークルーズに誘いたいと宇佐美に相談。しかし宇佐美は、“安くてうまい居酒屋に誰よりも詳しい”というさやかの強みを生かして、デートの場所を“小汚い居酒屋”に指定した。そこで「女にいいところを見せたい」という先史時代から受け継がれる男性の本能を刺激する作戦を立てる。

宇佐美の命令通り、愛されワンピ着用でサラリーマン御用達の居酒屋に祐一を誘い出したさやか。「ステキ女子が、あえての居酒屋セレクト」という設定で、祐一の力を借りての入店。この日、2人はなんと朝まで一緒にいることに。ついに恋愛戦略が実を結ぶのか? 初デートの行く末に注目が集まる。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス