弱小武将が豊臣軍を返り討ちにした奇策とは・・・!? ~教科書が教えてくれない日本の歴史~

Nicheee!

2018/8/11 12:00

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をはじめとしたメジャーな武将は映画・ドラマにもなっており、様々な逸話が知られているが、教科書に載っていないようなマイナーな人物にも面白いエピソードを持つ人物がいる。

今回紹介するのは、摂津淡河(おうご)城の城主を務めた淡河定範(おうがさだのり)氏だ。

1579年、豊臣秀吉は播磨三木城を本拠とする別所氏を討とうとしており、戦いを有利に進めるために周辺の城を攻める作戦を取っていた。

そのターゲットの一つになった摂津淡河城。秀吉は弟の秀長に命じ500名以上の騎馬隊で総攻撃をしかけようとした。しかも、その時場内には一族郎党50~60名、足軽や人夫が30名ほどしかおらず戦闘準備はできていなかった。
しかし、淡河は意外な方法で豊臣軍を返り討ちにすることに成功した。

オス馬に色仕掛けを仕掛けた!!


719ae8b1d579e7326e98464b20795b86_s

奇襲の情報を手に入れた淡河氏は部下に近くからメスの馬をかき集めることを指示。
足軽はなんとか50頭ほどのメス馬をかき集め、豊臣軍の騎馬に向けて解き放った。
当時、騎馬に使われたのはオス馬で、去勢の風習もなかった。
豊臣軍の騎馬は目の前に現れたメス馬を見るとみな興奮。我先にとメス馬めがけて突進し、メス馬の取り合いで喧嘩が始まり戦闘どころではなくなった。
そこに、淡河城から足軽なども飛び出てきたために、秀長も分が悪いと撤退することとなったという。

【参考】
『戦国時代の計略大全』(鈴木眞也)

あなたにおすすめ