「夏のマンゴースイーツ」3大コンビニ“ガチンコ食べ比べ”対決! 2位はセブンイレブン『黄ぐま』、1位は何?

日刊大衆

2018/8/11 11:00


 今やすっかりおなじみとなったマンゴー系スイーツ。夏スイーツの代表格として、コンビニにもさまざまな商品が並び、人気を博している。

そこで今回は、味にうるさく歯に衣着せないコンビニフード評論家の上地シーブイエス氏を迎え、コンビニ各社のマンゴースイーツを徹底比較。最新4商品のおいしさや実力を、忖度なしのランキング形式でガチ判定していきたい。さっそく第4位から発表だ!

第4位 セブンイレブン『爽やかマンゴーパフェ』

セブンイレブン「爽やかマンゴーパフェ」
 まず第4位は、セブンイレブンで発売中の『爽やかマンゴーパフェ』(税込270円)。マンゴー果肉に加え、ヨーグルトムース、マンゴーゼリー、マンゴープリンまで楽しめるパフェだ。

「ゴロッとした完熟マンゴーのプルプル果肉があふれんばかりに入っていて、マンゴー感は今回ナンバーワン。そのマンゴー果肉とヨーグルトホイップの相性は、山根明前日本ボクシング連盟会長とサングラス以上です。何より、一口食べた瞬間、口の中が南国の楽園と化しますよ。マンゴーを味わいたい、いや、南国を旅したいけど行けないという人にはピッタリでしょう。むしろ果実感がすごすぎて、ムースやプリンはいらないんじゃないか……なんて思ってしまうのが弱点でしょうか」(上地シーブイエス氏)

【採点】(★5が満点)
    おいしさ:★★☆☆☆(2)
 マンゴー果肉感:★★★★★(5)
 マンゴー香り度:★★★★☆(4)
見た目のセレブ感:★★★★★(5)

マンゴー果肉以外にも、さまざまな味が楽しめる一品。

第3位 ファミリーマート『RIZAP マンゴープリン』

ファミリーマート「RIZAP マンゴープリン」
 続く第3位には、ファミリーマート『RIZAP マンゴープリン』(税込176円)がランクイン。ダイエットトレーニングでおなじみ「RIZAP」とのコラボ商品だ。

「プリンではありますが、マンゴー感はバッチリ。スプーンですくったとたんに、夏の香りが立ち上がります! でもやはり特筆すべきなのは、122キロカロリーという“カロパ”(カロリーパフォーマンス)の良さ。他の商品の約半分ですから、安心して食べられます。他のデザートを1つにするか、それともこのプリンを2つ食べるか……人生のテーマともいえます。甘さ控えめでも食べ応えは十分ですし、さすがはRIZAPコラボ商品。ファミマのマンゴーとスイーツに対するリスペクトを感じさせます」(上地シーブイエス氏)

【採点】(★5が満点)
   おいしさ:★★★★☆(4)
マンゴー果肉感:★★☆☆☆(2)
マンゴー香り度:★★★★★(5)
   カロパ度:★★★★★(5)

マンゴーピューレの甘い香りが特徴のプリンの中には、とろけるマンゴー果肉がいっぱい。

第2位 セブンイレブン『マンゴーがいっぱいの黄ぐま』

セブンイレブン「マンゴーがいっぱいの黄ぐま」
 そして第2位は、セブンイレブン『マンゴーがいっぱいの黄ぐま』(税込311円)。定番アイス『白くま』のマンゴーバージョンで、マンゴーソースと練乳を入れたマンゴーかき氷に、マンゴー果肉とバニラアイスをトッピングしている。

「今回唯一のアイス商品ですが、やっぱりこの季節にはピッタリ。夏限定でもかまわないので、国宝にしてほしいですね! 知覚過敏にはやや手厳しいゴロゴロの冷凍マンゴーに、さっぱりとしながらもマンゴーエキスたっぷりのマンゴーかき氷は、文句なしのおいしさ。バニラアイスのトッピングで、優しくまろやかな“味変”ができるのもポイントが高いです。アイス業界に革命を起こした『白くま』シリーズだけあって、味は本物。これを食べずして日本の夏は語れません!」(上地シーブイエス氏)

【採点】(★5が満点)
   おいしさ:★★★★☆(4)
マンゴー果肉感:★★★★☆(4)
マンゴー香り度:★★★★☆(4)
  ひんやり度:★★★★★(5)

名前の通り、マンゴー果肉がたっぷり。凍ってシャキシャキなのがまたおいしい!

第1位 ローソン『完熟マンゴーココ』

ローソン「完熟マンゴーココ」
 今回の第1位に輝いたのは、ローソンの『完熟マンゴーココ』(税込240円)。マンゴー味をメインとした3種類のゼリーを重ねた上に、ココナッツソースを乗せたゼリーベースのスイーツだ。

「これはかなりの本格派です。最初にネタばらしをすると(ネタバレが嫌な人は読まないでください)、この商品のカギは“物理的な高さ”にあります。まず上層部を食べると、ココナッツソースとマンゴーが口の中でダンスを踊ります。次に中間部を食べると、マンゴーゼリーが舌上で激しくタンゴ! そして最後、下層部にスプーンを伸ばせばココナッツゼリーと、どんどん味が変わっていくんですね。そして最下層で待っている、さわやかなパッションフルーツのゼリーが優雅にワルツを魅せてくれます。アップテンポからの優しいシメ……。食べ終わると、ローソンに“ありがとう”と思わずつぶやいていました。まるでコース料理を食べたかのように、満足感がハンパないスイーツです」(上地シーブイエス氏)

【採点】(★5が満点)
   おいしさ:★★★★★(5)
マンゴー果肉感:★★★☆☆(4)
マンゴー香り度:★★★★☆(4)
 フルコース度:★★★★★(5)

風味豊かなマンゴーゼリーの中には、氷に見立てたという角切りのココナッツゼリーが。

今回コンビニ各社のマンゴー系スイーツ対決は、以上のような結果となった。それでは最後にあらためて上地シーブイエス氏に総括してもらおう。

「今回はどれもおいしくて、とてもハイレベルな戦いでした。ここ近年、夏にマンゴースイーツを投入するのが定番化していることもあり、コンビニ各社がどれだけ力を入れているかが分かりますよね。今回は順位をつけましたが、スイーツは好みの差も大きいジャンル。その日の気分に合わせて、商品を選んでも良いと思いますよ!」

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス