村上虹郎 母・UAからの溺愛ぶりを明かす「親子じゃなかったら結婚している」

ザテレビジョン

2018/8/11 10:30

8月10日放送の「A-Studio」(TBS系)に村上虹郎がゲスト出演。母であるUAとの親離れ・子離れについて語った。

2014年に映画「2つ目の窓」(河瀨直美監督)で主演デビューを果たした村上は、現在放送中のドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)にも出演している。

父親は俳優の村上淳、母親は歌手のUAだが、9歳の時に両親が離婚し、村上は母・UAのもとで育てられた。村上が思春期を迎える頃になると母親との衝突もたびたびあったらしく、自身の反抗期について「(UAは)愛の深い方なので、その愛が自分に向けられることに対しての怒りがすごかった」と村上。

酔っ払ったUAから「親子じゃなかったら結婚してるよ、にーくん(虹郎)と」とかつて言われたことも明かし、「僕も親離れが遅かったかもしれないけど、(UAの)子離れも遅かった」と苦笑いする。

母親とのバトルの末に家出して、2年間ほど父親のところに転がり込んでいたという村上。

大人になった今では、UAのコンサートに村上がゲスト出演し、父親の愛蔵品のギターで伴奏を務めることもあるなど、父母と良好な関係を築いている様子もうかがわせた。

放送のSNS上には視聴者から「虹郎くんのトークは楽しい!」「すごく気さくな喋り方に好感」など、村上の話術に好意的なメッセージが数多く書き込まれていた。

次回、8月17日(金)放送予定の「A-Studio」には土屋太鳳がゲスト出演する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158217/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ