マキシマム ザ ホルモン「責任と義務、生きて帰ろ!」 腹ペコたちが踊り狂うダンスフロア<RIJF>

ザテレビジョン

2018/8/11 09:00

国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)と2週にわたり、茨城・国営ひたち海浜公園で開催されている。

ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンは、8月5日に登場。圧巻のパフォーマンスとトークを披露し、観客からは大歓声が沸き起こった。

■ ナヲ「久々のこの景色、最高ですね!」

メンバーが登場し、「頭から騒げ~!」という叫び声とともに「恋のメガラバ」でスタートを切ったマキシマム ザ ホルモン。夏らしさ全開の同楽曲に、熱狂的なファン・腹ペコ(ファンの通称)からは歓声が上がり、初っ端から自由に踊りだす人や、ヘドバンする人が続出する。

この様子を見たナヲ(ドラムと女声と姉)は、うれしそうに「イエーイ!」と元気よく観客に向かって声を掛ける。その後、「ヘイ!」のコール&レスポンスが起こり、「え?」とボケるナヲの定番のやりとりが行われ、会場は笑い声に包まれた。

今度はダイスケはん(キャーキャーうるさい方)が「ことしもやってきたぜ、ロックインジャパン! いや、まじですごい景色なんですけれど、皆さん大丈夫ですか、この暑さ?」と観客を見渡し、「責任と義務、生きて帰ろ!」とあおっていく。

ナヲも「久々のこの景色、最高ですね! やってきたよ、ことしも! 汗のこのすごい感じ」と約1年ぶりの景色となる同フェスに、目を輝かせる。また、「何なの、あのキャップの格好良さ。でも、小さ過ぎてM&Mみたいな」とキャップをかぶっている観客が多いことをいじり倒す。

続けて「この後、ユーミンだよ。八王子の大先輩だから。“恋の街・八王子”って命名してくれたの、ユーミンなので。うそですけど」とナヲの冗談は止まらない。

さらに、「TOTALFATも八王子ですし。なんかもうわれわれみたいなちっぽけな人間がね、やっていいのかなって正直不安です」と言った後、この日起きたハプニングを振り返り始める。

「きゃりーちゃん見た後に、『すみません、BiSHに行きたいんですけれど』と(スタッフに)言ったら、『アーティストの方ですか?』って。どうも、HYです」と真顔で振り返るナヲに、観客からは再び笑い声が沸き起こる。

■ ダイスケはん「俺の名前は、ファンキー葛藤だ!」

続けて「あたし、正直不安なんです。このあとユーミン待ってて。すごく暑い心でそっと背中を押してくれるような、暑いファンキーな男がいてくれたらなあ」とつぶやいたかと思いきや、同じく八王子出身・FUNKY MONKEY BABYSの「ちっぽけな勇気」が突然流れ始める。

この展開に会場はざわつき、ダイスケはんがFUNKY MONKEY BABYSのTシャツに着替え、「俺の名前は、ファンキー葛藤だ!」と一枚の紙を掲げ、「ねえ、そうだろ? おい、ロックインジャパン! ねえ、そうだろ?」と歌詞の言葉をもじりながら歌うパフォーマンスに、会場は爆笑の渦に包まれる。

ダイスケはんが「マキシマム ザ ホルモン改め、FUNKY MONKEY BABYSです!」とあいさつし、タオルを振り回しだすと、観客も笑顔で一斉に応えていく。

■ 上ちゃんがモン吉に!?

上ちゃん(4弦)は、モン吉を象徴するようなハットをかぶり、DJを披露しているような素ぶりで観客を沸かせる。そんな上ちゃんを、ダイスケはんが「そして、これ、モン吉!」と紹介し、仲のいいメンバー同士のやりとりを見せた。

さらに「ありがとう!」という文字が書かれた紙を上ちゃんが掲げ、再度「ちっぽけな勇気」を流すと、「誰がFUNKY MONKEY BABYSだ! 頭振り回せ! ヘドバンしやがれよ!」とダイスケはんがいつものボケで観客を沸かせ、会場の温度もヒートアップ。

その後、披露した「maximum the hormone」で、拝むような振り付けを行う腹ペコの姿の他、激しくヘドバンする男性の観客、さらに女性のファンも負けじと髪を振り乱していた。

■ ダイスケはん「圧巻の景色でした」

続いて披露したのは「「F」」。アニメ映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」(2015年)の劇中歌としても起用された同楽曲で、大地を揺らした。途中、「私の戦闘力は53万です」とフリーザの声も流れ、観客からは拍手が沸き起こる。

「ありがとう~!」と観客にほほ笑み、同フェスでKICK THE CAN CREWがその日限りの復活を遂げたことを紹介。「俺たち、明日に魂込めて、ファンモン呼び覚ましました」と話すダイスケはんに、「あの事件含め、噴火させないぞ」とナヲが仲の良いやりとりを見せる。

そして、「この動画をファンキー加藤に送ったことがあります」と、自身のライブでFUNKY MONKEY BABYSをいじり倒した模様を収録した動画を、加藤本人に送ったエピソードを打ち明ける。「思っていた以上だったという感想が返ってきました」と話すナヲに、観客のボルテージも最高潮に。

ダイスケはんも「圧巻の景色でした」としみじみする中、「俺たちが一番見たいのは、平成最後の夏に、どれだけの人たちが踊っているのか」と「便所サンダルダンス」を披露。その後は「さあ、中2に戻って騒げ!」と「中2 ザ ビーム」を演奏していく。

■ ダイスケはん「今回はいつもと違った感情で出させてもらっています」

拍手が沸き起こる中、ダイスケはんは「さっき、ライブの冒頭でナヲも言っていましたけれども、毎年出させてもらっている、ロックインジャパン。今回はいつもと違った感情で出させてもらっています」と八王子出身の松任谷由実、元Dragon Ashメンバーの馬場育三、北島三郎などを紹介。

そして、タオルを回すよう指示するダイスケはんに、「アップテンポのやつ」とナヲもコメントするものの、なぜかスローテンポなHilcrhymeの「春夏秋冬」が流れ始め、観客は若干戸惑いながらも、回し始める。

ナヲは困惑した表情で「何でみんなタオル回してるの?」と観客に問い詰め、観客からは温かい笑い声がステージを包み込んだ。「あと、タオル回すのやめて、うちの弟、喘息だから。繊維が」とマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)を指さす様子に、笑い声が絶えない。

さらに、ナヲは「暑いじゃん? スタジオ入ってて、ずっとマンウィズの話」と楽屋でのトークを公開していく。「中でファンとか回っているのか?」という素朴な疑問も口にしたかと思いきや、再びファンキーの音楽を流し始める展開に、観客は終始笑いっぱなし。

その後、「ロッキンポ殺し」「チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ」を続けざまに披露した。

■ サザンの“あのネタ”も披露!

ナヲが焦り気味に「とにかく今時間ないから」とつぶやいたかと思いきや「今何時! そうねだいたいね~」というサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」ネタも盛り込み、「卒業写真写りたいでしょ?」と最後にライブ恒例となる“恋のおまじない”を行っていく。

「麺カタ!」「コッテリー!」「ヤッター!」のおなじみのフレーズで知られる“恋のおまじない”を行った後、「恋のスペルマ」を披露。「ありがとう、皆さん! また遊ぼうぜ! マキシマム ザ ホルモンでした!」というナヲの言葉とともにライブを締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157719/

あなたにおすすめ