みちょば&SKE48・須田が“深夜バス”で密着!「便乗してもいいですか!?」

ザテレビジョン

2018/8/11 07:00

フジテレビ系では、8月19日(日)夜7:57-9:54に、東京・バスタ新宿で深夜バスの乗客に同行する「ニチファミ!『密着!バスタ新宿でワケあり旅人に便乗してみました。』」を放送する。

東京・新宿駅南口にある巨大高速バスターミナル「バスタ新宿」。1日の平均利用者数は約3万人で、お盆の時期には1日約4万人が利用しているという。この巨大バスターミナルに9カ月にわたって密着し、若者、お年寄り、外国人ら計8000人以上に声を掛け、そこで出会った人たちの人生に迫る。

声優デビューが決まり、反対していた故郷の父親と久しぶりに対面をする男性、留学した大学を卒業して日本で頑張るマレーシア人、厳しい修行の日々を送る25歳の見習い大工の女性らさまざまな人生を持つ人々が取材。ゲストの船越英一郎は「頑張っている若い方を見ると、おじさんはダメです・・・」と思わず涙する。

また、ファッションモデルの“みちょば”こと池田美優と、SKE48の須田亜香里が、東京・銀座の深夜の急行バス乗り場で、帰宅途中の乗客に直接取材交渉。自宅まで便乗してもらおうと試みる。

池田は、千葉県の会社に勤める母親と、大学2年生の娘の美人親子に密着。バスに便乗すると深夜バスの乗客にとってありがたい“ある意外なサービス”に驚く。そして親子の自宅に到着して母親が眠りにつくと、池田と娘は深夜の女子トークをスタート。女手一つで育ててくれた母親に対して感謝の気持ちを語る娘が、母親に内緒にしているあることを池田に打ち明ける。

一方、須田はほろ酔い気味のお父さんに密着。深夜の自宅にお邪魔すると高校生の息子が出迎える。

MCはサンドウィッチマンと柳原可奈子。サンドウィッチマン・伊達みきおは「僕らも高速バスに乗っていたので。長距離バスに乗る人って必ず何を目指しているとか、あんなにドラマがあるんだなぁと面白いね」と語り、富澤たけしも「自分の時のことを思い出しましたし、今度はもしかしたら子供たちがいつがどこかへ行くのかもしれない。何かいろんなドラマがあって聞いてみないとわかんないものなんだなあって」と自分たちの過去と重ねながら感慨深げに語る。一方、実家が東京の柳原は「“ネタ見せ”とかも実家から通っていたので、『よし、夢を追うぞ!』みたいな感じじゃなかった(笑)」と語りながらも「(VTRを)見ているとすごく当時のことをいろいろ思い出して、夢を追う若い人たちはすてきだなって思いました」とコメント。

また伊達は「非常に面白い番組で、どの地域から見ても“ささる”番組だなと思いました。東京そんなに怖くないんだよ、という意味でも。親目線でも子供目線でもいろんな世代が見られる番組です」とアピールし、富澤は「たぶんみんなある程度の年齢にならないと、こんなバスあるんだって知らないと思うんですよね。高校生だったり、お金はないけど東京行こうかなっていう時に、こういうバスがあるらしいよって。それでいろんな所に行けるのはすごく便利だから、ぜひ使って欲しいですね」と長距離バスの魅力を語る。そして柳原は「私は人間観察とか、人をじろじろ見て妄想するのが好きで(笑)。よく駅でも女の人とかきょろきょろ見て、この人は家に帰ったら家族があるのかな、とか考えて見るのがすごく好きなので、きょうはそういう番組だったのでとても面白かったです。普段の妄想が、あ、この人本当に家に行ったらこんな感じなんだって、家こんな感じなんだなって(笑)」と楽しみながら収録した様子を語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158210/

あなたにおすすめ