防災ヘリ墜落で2人死亡 「山の日」開通予定だった登山道の確認飛行中

 9人が搭乗していた群馬県の防災ヘリコプター「はるな」(天海紀幸機長)が10日午前10時すぎ、飛行中に消息を絶った。捜索していた航空自衛隊ヘリが午後2時45分ごろ、同県中之条町の山中に墜落しているのを発見。同日夜、2人の死亡が確認された。同機は上空からきょう11日に開通する登山道の確認中に墜落。お盆の観光シーズンを前に、現地には衝撃が走った。

 群馬、長野県境付近の墜落現場には、山腹を覆う木々をなぎ倒すように白や赤色の機体部品が散乱。ヘリの胴体部分周辺の地面には黒く焦げた跡が残っていた。

 搭乗していたのは群馬県防災航空隊員4人と吾妻広域消防本部の5人。空自は機体の残骸周辺で8人を発見。うち2人が病院に運ばれたが、いずれも心肺停止状態で死亡が確認された。頭部を強く打っていた1人については即死と分かる状態だったという。未搬送の6人の容体は不明。残る1人は見つかっていない。

 事故前、現場近くでは爆音を響かせ低空飛行するヘリの姿が目撃されていた。現場に近い渋峠ホテルの従業員によると「手が届きそう」と感じるほどの高度だったという。「(プロペラの)回転のリズムが遅くなり、聞いたことのない鈍い音に変わった」と違和感を口にする人もいた。

 国土交通省などによると、ヘリはきょう11日の「山の日」に合わせて開通する群馬、長野、新潟の県境の稜線(りょうせん)を結ぶ登山道「ぐんま県境稜線トレイル」の状況を上空から確認するため飛行していた。同トレイルは地元自治体が観光の目玉として位置づけるもの。11日には記念イベントを予定していたが、事故を受け中止とした。

 墜落したヘリは1997年5月に運用を開始し、総飛行時間は7000時間超。エンジンの出力が下がる不具合のため今年4~6月に修理を実施しており、機体は2020年度に更新予定だった。

 運航は東邦航空(本社・東京)に委託。天海機長と整備士の2人は同社社員で「知識、技能、安全への危機感のレベルが高い」(同社)ベテランだった。同社は運航する別のヘリが昨年11月、同県上野村で墜落。事故前の機体修理に問題があり、国交省は今年2月、事業改善命令を出していた。

 ▽ぐんま県境稜線トレイル 群馬と新潟・長野の県境約100キロが主要ルートの、登山道やハイキング道、林道などをつなぎ合わせた自然歩道。群馬県みなかみ町土合から同県嬬恋村の鳥居峠までを結ぶ国内最長のロングトレイルコース。道中には谷川岳や四阿山(あずまやさん)といった日本百名山に数えられる雄大な景観の山々や、水上温泉、草津温泉といった著名な温泉地が数多く存在。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス