知英、母国で主演映画上映 日韓“二刀流”に苦労も「素敵なことたくさん」

 女優で歌手の知英(24)の主演映画「私の人生なのに」が10日、母国・韓国で行われた堤川(チェチョン)国際音楽映画祭で上映された。原桂之介監督とともに舞台あいさつに登壇。

 「日本で女優と歌手の両立は大変ではないか?」と聞かれ「言葉の問題などもあって大変なことがないとは言えないけれど、原監督や今回の作品と巡り合えたような素敵なこともたくさんあって、それが力になりました」と笑顔。母国で喝采を浴びうれしそうだった。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス