イモトアヤコ、超危険な滝の綱渡りをリタイア「やめて正解」

日刊大衆

2018/8/11 06:10


 8月5日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にイモトアヤコ(32)が出演し、滝渡りに挑戦。危険すぎるためリタイアしてしたが、「やめて正解」とイモトを思いやる声が続出している。

この日の番組では「珍獣ハンターイモトワールドツアーinラオス」と題して、イモトがラオスのさまざまな絶景スポットなどを紹介。ラオス南部にある世界一幅の広い激流の滝に赴き、そこで綱渡りのように滝を渡って漁をする“伝説の漁師”をリポートした。

前回の放送で憧れの安室奈美恵(40)に会えたことで、「なんだって頑張ります!」と宣言していたイモト。綱渡りをしている漁師を発見すると、「仕組みとしてはアスレチック」「行けるところまで行ってみる」と、綱渡りに挑戦することになった。

いざ綱渡りがスタートすると、イモトは「揺れる! 怖い怖い怖い!」と絶叫し、あまりの恐怖に膠着状態になってしまい、チャレンジは失敗。結局イモトが安室のコスプレに身を包み、『NEVER END』を川沿いで歌いながらオチをつけ、「安室さん、いろいろごめんなさい」というテロップとともに企画は終了した。

この光景に視聴者からは、「さすがに危険すぎるでしょ」「完全に落ちたら死ぬレベル」「これはやらなくて正解」「安室ちゃんだって、こんな危険なのは喜ばない」「チャレンジ精神は認めるけど、やめてくれてよかった」「あの決意は、もっと他のところで使って!」といった声が続出。

「イモトは2月18日放送の同番組でも、九死に一生を得ています。南極大陸のヴィンソン・マシフ登山に備えて、スイスの雪山で合宿をしていたイモト。深さ数百メートルのクレバス(割れ目)に落下し、備えつけられていた命綱でなんとか救出されていました。危険すぎるチャレンジは、視聴者にとっても心が休まらないのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)−−チャレンジもほどほどに。

あなたにおすすめ