マイヘア椎木「諦める理由にならないのは、それがやりたいからだ」“弾き語りパート”で魅了<RIJF>

ザテレビジョン

2018/8/11 06:00

国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、8月4日、5日、11日(土・祝)、12日(日)と2週続けて茨城・国営ひたち海浜公園で開催中。8月5日にロックバンド・My Hair is Bad(通称:マイヘア)が登場した。

切ない感情をストレートに表現した歌詞が特徴的なマイヘア。ギターロックの力強いメロディーとともに、ボーカル・ギターの椎木知仁がその“リアルな”言葉を訴えかけるように歌い上げた楽曲や、椎木がそのとき感じたままに思いを明かしていく“弾き語りパート”は、多くの観客を魅了した。

■ 椎木「キスして迎えてやるって!」

メンバーが登場すると、会場からは歓声が上がる。椎木が「初のGRASS STAGE! 超暑い! ワクワクしようぜ!」と元気よくあいさつすると、「アフターアワー」でスタートオフ。

歌唱中、椎木は「ドキドキさせてやる!」や「いくぜ、GRASS STAGE!」などと観客をあおり、笑顔で跳ぶ姿には歓声が沸き起こる。そして、「最高の日にしてやる!」という言葉で締めくくり、「熱狂を終え」を演奏した。

そこから、掌で踊らされてるのではなく“踊っている”という主人公の気持ちを歌い上げた「接吻とフレンド」へとつなげていく。「踊らせてよ」「キスして迎えてやるって!」とにこやかに歌う椎木に、ファンからは黄色い声が飛び交う。

その後のMCで、椎木は「どうぞよろしく! 改めまして、新潟県の上越市から来ましたMy Hair is Badです!」とあいさつし、「暑いね、具合悪くならないようにね」と観客を気遣いつつ、「自己紹介させてください」と椎木が誕生してからバンド結成までのこれまでの経歴を語り始める。

マイヘアが同フェス初出演した2016年、WING TENTに立ったときの過去も振り返り、「こうやって本日、晴天のGRASS(STAGE)です、ありがとう!」と笑顔で感謝を述べた。

■ 過去を振り返る「心の中でどう思ってた?」

さらに、「自分のことを好きっていう人のこと、やっぱりあんまり嫌いになれないよ。だから、君のこと好きだった? あの頃、心の中で本当はさ、どう思ってた?」と椎木は自分へ問いかけだし、徐々に“椎木ワールド”へ観客を誘いつつ「ドラマみたいだ」を披露。

歌い終わると椎木は「マジで暑いっすね」とコメントし、「GRASS(STAGE)に出て、一番驚いたのトイレじゃない? 仮設じゃないみたい。楽屋より涼しい(笑)」と観客を笑わせたかと思いきや、表情が一変。「大切な曲を一曲、『真赤』という曲を」と次の曲へとつなげていく。

曲の終わりで「また夏になってる」とポツリつぶやいた椎木は「今年の夏もいつか終わるし、今日のロックインジャパンもいつか終わるよ。でも、終わるまで、終わるまで…『告白』」とバトンタッチ。

今度は「ロックインジャパンで一番、一番短いの歌うぞ!」と「クリサンセマム」を歌い上げ、さらに「元彼氏として」へ持ち込んだ。

■ 徐々に“椎木ワールド”へ誘う

その後、椎木の世界観あふれる“弾き語りパート”である「フロムナウオン」を披露。本来の歌詞をサビ以外ほぼ無視し、そのとき浮かんだ言葉をメロディーに乗せていく同楽曲のパフォーマンスは、ライブごとに新鮮味があることでもファン待望の楽曲となっている。

「聴いてる~?」「どんだけ~!」など、初っ端からやりたい放題の椎木は、「お前がいてくれたおかげで、こういう人間になれました! ありがとう!」と、元彼女を思い出しながら、フロアを徐々に“椎木色”に染め上げる。

ベース・コーラスの山本大樹は、“弾き語りパート”を待ってましたといわんばかりにベースを天高く掲げ会場を盛り上げる中、椎木は「ご覧になってわかるように、熱中症です! いけるところまでいきたい!」と元気よくコメント。

■ 椎木「俺は俺でいたい! 俺はここにいたい!」

続けて「ご覧のとおり、ギターも対してうまくないですし、歌もうまくないですし、特別なやつも一人もいません。でも、それでも今日、ここに立てています! 誇ることじゃない、でも諦める理由もない! 諦める理由なんてない!」と力強い口調で語っていく。

さらに「あの子はもういない! あの先輩ももういない! 天使も悪魔も神様もいない! でも俺は俺でいたい! 俺はここにいたい! せっかくのロックインジャパン、このバンドを楽しんでいってください! よろしく! ここからは俺の弾き語りだ! 俺のこと、そんな疑うなよ!」と会場に声を響かせた。

■ 「フロムナウオン」で“椎木ワールド”全開!

「夏のせいにしなくていい、何も本当のことなんてないよ。うそついたって格好いいは格好いい。格好悪いは格好悪い。流れているニュース、Twitter、Instagram、全部『ふーん』って感じるんだ」と語り始めた椎木。

続けて「あの頃かいてる俺の汗と、今俺の流れてる汗、どう違うんだよ?」と問い、「生まれ落ちて、26年と半。少年の頃かいてる俺の汗と、俺が今かいてる汗、どう違うんだよ?」とその勢いは止まらない。

■ 「これが俺の最後の夏じゃねえ」

「平成最後の夏とか、よく分からないですけれど、これが俺の最後の夏じゃねえ。ぼーっとしてる暇はねえ。俺は医者でもないし、占い師でもないし、学校の先生でもない。ロックバンドやってるだけだ。ギターに持ち替えてフルスイングしてやる」と訴えかけていく。

別ステージへと移動する観客を見つけると、今度は「端からいなくなるつもりなら、俺の仲間に近づくな。端からいなくなるつもりなら、そう顔に描いとけ」と椎木。

■ 「俺らが今日ここに立っていた理由は、かっこいいからじゃない」

さらに、「でかい声で言う。好きって言う、変わらない。諦める理由にはならない。あの子が自分のこと嫌いでも、俺がギターが下手でも、諦める理由にはならない。俺はやる。諦める理由にならないのは、それがやりたいからだ。今にしたってそう。俺らが今日ここに立っていた理由は、格好いいからじゃない、続けていたからだ。やりたかったから。ずっとやっていたから」と問いかけ続ける椎木の言葉に、移動していた観客も思わず立ち止まり、聞き入っていた。

最後に「どうなんだよ? 別に辞めてもいいんだよ。諦めたらそこで試合終了なんて言うけれど。俺は俺から、お前はお前から降りられねえから。いくらあいつが格好よかったって、俺は俺で自分を愛してやりたいよ」と元彼女のことを思い出したかのような言葉を口にし、「フロムナウオン」で締めくくった。

■ 椎木「本気じゃなきゃ意味ないと思っています」

MCで、椎木は「どうもありがとう! マジ暑すぎるから気をつけてよ。お酒ばっかり飲んでるといけないんだって! 倒れるならここで倒れたい! 本気じゃなきゃ意味ないと思っています」とコメント。

続けて「あの子に本気だった頃の俺はもういなくなっちゃったけれど、俺もあの子もまだ生きてるから。あの頃の曲をまだ歌うから。ハッピーな歌、歌っていいですか」と「いつか結婚しても」を披露。

そして、「最後1曲、夏の曲歌って終わり! 楽しんで帰って! ロックインジャパンに愛を込めて」と「夏が過ぎてく」でラストを飾る。

「本気じゃなきゃ意味ないと思っています」と話していた椎木は、「最高の夏にしてくれ! ロックインジャパン楽しんでね!」という熱い言葉とともに、最後に床に座り込み、その言葉通り全力のパフォーマンスでステージを後にした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157457/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ