「さて、仕事も一段落(ひとだんらく)」 その読み方、間違っています!

grape

2018/8/11 04:27


『一段落』と『大舞台』、覚えておきたい伝統的な読み方
毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

『一段落』の読み方を“ひとだんらく”と思われている方、いらっしゃるかも知れませんが、正しくは“いちだんらく”です。『一段落』とは“文章の中のひとつのまとまり”や“物事の間につけられた区切り”、“物事にきりがつくこと”をいいます。

辞書によっては『“ひとだんらく”とは、“いちだんらく”の誤った読み方』、『“ひとだんらく”と読むのは誤りだが、話し言葉では使われることも多い』とあります。

この間違った読み方が広まってしまった原因ですが、同じ漢数字の『一』を使った言葉に『一休み』『一仕事』『一安心』『一苦労』『一工夫』といったように、『一』を『ひと』と読む言葉がいくつもあるからだそうです。

その中でも特に『一段落』の場合、似たような意味を持つ言葉に『一(ひと)区切り』というのがあります。
この場合、“いちくぎり”ではなく“ひとくぎり”と読むため、ごちゃ混ぜになったと考えられています。

続いて『大舞台』の読み方ですが、正しくは“おおぶたい”です。意味は『大きくて立派な舞台』や『俳優さんの堂々とした演技』です。
これを“だいぶたい”と読む方、いらっしゃるかも知れませんが間違いです。但し辞書によっては『自分の能力を存分に発揮出来る大切な晴れの場所。活躍の場。檜舞台』を意味する場合、『“だいぶたい”と読むこともある』と表記されています。

それでも“おおぶたい”は伝統的な読み方であることから、どんな意味でも“おおぶたい”と読むのが正しいそうです。

[提供/ニッポン放送 鈴木杏樹のいってらっしゃい・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス