お食事券と汚職事件を勘違いした「ヒモメン」が取った行動は…!?

ザテレビジョン

2018/8/11 05:00

窪田正孝が30歳の誕生日を迎えて初のオンエアとなる、土曜ナイトドラマ「ヒモメン」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系 ※11日は夜11:45-0:35)の第3話が8月11日(土)に放送。奇しくも川口春奈演じるヒロインのゆり子の誕生日をめぐる物語が展開する。

窪田の誕生日を翌日に控えた8月5日の撮影現場でバースデーセレモニーが開催。川口や佐藤仁美、岡田結実ら華やかな女性メンバーが勢ぞろいした。

段取り確認の後、撮影開始!と思いきや、スタジオには突如「30」「HAPPY BIRTHDAY」「ヒモメン」「窪田正孝様」とデコレーションされたバースデーケーキが登場。

驚く窪田は川口から「ヒモメン」の原作者である鴻池剛の直筆色紙を渡され「マジで!?」と大感激した。さらに最近キックボクシングを始めた窪田に、川口からグローブのプレゼント。

そんなサプライズを受けた窪田は「ずっと昔から歳を取りたかったから、30歳すごく楽しみです。作品をやれば人と出会える機会が増えるので感謝しかないです」と語った。

また、放送の度に話題を集めている、ゆり子のキレるシーンについて聞かれた窪田は「結構顔面をひっぱたいてもらってるんです。蹴ってもらったりもして、愛のムチをいただいています(笑)」と笑顔を見せた。

■ 第3話あらすじ

ゆり子(川口)は翔(窪田)に毎日、お小遣いの500円を鍵付きの手提げ金庫に入れて渡すことにした。「仕事を探すか、家事をするか、そのどちらかに取り組んだら暗証番号を教える」というのだが、実はその暗証番号の4桁はゆり子の誕生日。彼女は自分の誕生日が近いことを翔に伝えたかったのだ。

だが、自分の誕生日を忘れられていると知ったゆり子は激怒。小遣いナシを宣告された翔は、部屋から3枚の食事券を見つけ、行きつけの居酒屋で「成功したら賞金1万円」というカレー大食いにチャレンジする。その結果、翔は食べ過ぎで病院に運び込まれ、ゆり子は彼が大切な食事券のうち1枚を使ったと聞いてがく然。

そんな中、公費の不正使用疑惑で追及を受けている国会議員の圭子(西尾まり)が緊急入院してくる。

一方、お食事券の残り2枚がなくなっていることに気づいた翔は、圭子と秘書の長谷部(小沢真珠)の会話で「汚職事件」という言葉を耳にする。

それを聞いた翔は長谷部が「お食事券」を盗んだのだと勘違い。翔は彼女たちを追い詰めるべく、思わぬ行動に出る。(ザテレビジョン・青木孝司)

https://news.walkerplus.com/article/158203/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ